豪州が第2次大戦の米軍基地を再建、意図は中国けん制か―米紙

配信日時:2018年11月6日(火) 16時40分
豪州が第2次大戦の米軍基地を再建、意図は中国けん制か―米紙
画像ID  1039613
3日、米華字メディア多維新聞は、オーストラリアとパプアニューギニアがマヌス島の古い海軍基地を整備することで合意したとする、米メディアの報道を伝えた。資料写真。
2018年11月3日、米華字メディア多維新聞は、オーストラリアとパプアニューギニアがマヌス島の古い海軍基地を整備することで合意したとする、米紙の報道を伝えた。

記事は、米紙ウォール・ストリート・ジャーナル電子版の1日付報道を引用。1日に両国がパプアニューギニア北部のマヌス島にあるロンブルーム基地を整備することで合意したと紹介し、この動きにより米国とオーストラリアの軍隊が南太平洋の港を使って南シナ海の係争水域に接近する機会が増える可能性があるとした。

そして、ジョン・リチャードソン米海軍作戦部長がオーストラリアを訪問中のタイミングで、スコット・モリソン豪首相が「わが国は太平洋との接触強化を望んでいる」とコメントしたことを伝えている。

同基地は米軍が1944年に日本軍から太平洋を奪還し、フィリピンを解放するために建設したもので、長さ2.8キロメートルの滑走路と港がある。第2次大戦時に日本の戦犯を裁く法廷としても用いられた。

リチャードソン氏はオーストラリアがパプアニューギニアと同基地の共同整備を提起したことについて「いい機会だ。われわれがサポートできる機会を見出せることを期待している」と語っている。

記事は今回の件の背景として、パプアニューギニアでは近年中国に支援と借款を求める動きを強め、財政危機や経済の安定を目指していることを紹介した。(翻訳・編集/川尻
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事