「日本に学べ」は客観的じゃない!評論家の投稿が物議―中国ネット

配信日時:2018年11月5日(月) 22時10分
「日本に学べ」は客観的じゃない!評論家の投稿が物議―中国
画像ID  1039612
4日、中国版ツイッター・微博に「日本に学ぶべきというのは、客観的ではないと思う」とする文章が掲載され、注目を集めた。資料写真。
2018年11月4日、中国版ツイッター・微博に「日本に学ぶべきというのは、客観的ではないと思う」とする文章が掲載され、注目を集めた。

フォロワー数1150万を数える評論家・留几手氏の微博アカウントは4日、「多くの人が日本人の民度、工業レベルと自分たちを比べ、日本はどれだけリードしているだの、日本はお手本だの、アジアの光だの言っているが、日本に学ぶべきだというのは、極めて客観的でないと思う」とする文章を掲載した。

文章では「日本の明治維新はいつの話だ?1868年に始まっている。われわれの改革開放は1980年代に始まったばっかりで、まだ40年しかたってないではないか。日本はわれわれよりも110年あまり早く対外的に開けたからここまで発展したにすぎず、決してわれわれよりも強いわけではない。われわれは今のスピードであと数十年進めば、全面的に日本を超えることは間違いない」と論じている。

このユーザーの主張に対して、他の中国ネットユーザーはいささか懐疑的なようだ。「伝統工芸の部分で日本に大きく劣っている」「国民のモラルがますます悪化していることに気づいていないのか」「日本は明治維新から110年かかって初めて世界の強国になったというわけではない」「日本は第2次世界大戦でボロボロになったじゃないか」「日本が前進をやめることはないだろうし、中国が永遠に急発展を続けることはあり得ない。未来のことは誰も予測できない」といったコメントを残している。(翻訳・編集/川尻
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 5

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ロビタ***** | (2018/11/11 07:47)

    偉そんな事言うつもりは無いが、中国国民は既に日本の船に乗っているんだよ。 戦後の日本は代わった事により中国をも取り込んで世界を目指して、既に歩き始めている。 それは戦後日本が恐ろしいスピードで発展して来た頃、中国の巨大な力は、日本の発展する力に戦後賠償しろとして圧力を掛けなかった事で、日本政府は、中国の優しさを観た。 そして、日本の爆発的発展の元中国を日本に取り込んで発展して来た。 中国の国民を日本と同等の生活水準に押し上げるために日本は、戦後賠償を求めなかった中国に対して、戦後賠償を秘かに(中国政府には報告済み)し始めた。 ODA、インフラ整備、技術協力、支援の事だ。 そして戦後賠償と言いながら今の中国の基盤を日本が作り上げてきた。 それを中国の政府の一部の者が逆手にとって懐を暖めてきたが今一新されて、発展した中国と友好関係を望む日本が居る。 力を持った中国が出来上がった。
    このコメントは非表示に設定されています。
    1 0
  • 日本会***** | (2018/11/10 07:41)

    やはり中国人はクールに物事を判断する。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • hal***** | (2018/11/08 17:43)

    中国にも黒船は来ていたが、1980年代まで手をこまねいていた理由をお伺いしたい。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事