ショートトラックで韓国選手が相次ぎ失格、日本選手に金メダルをプレゼント―中国メディア

配信日時:2018年11月5日(月) 13時0分
ショートトラックで韓国選手が相次ぎ失格、「わざと」の指摘も
画像ID  1039609
4日、騰訊体育は、スピードスケート・ショートトラックのワールドカップ第1戦、カルガリー大会の男子1500メートル決勝で、韓国人選手3人のうち2人がフライングで失格となり、日本の吉永一貴が「たなぼた」式に優勝したと報じた。
2018年11月4日、騰訊体育は、スピードスケート・ショートトラックのワールドカップ第1戦、カルガリー大会の男子1500メートル決勝で、韓国人選手3人のうち2人がフライングで失格となり、日本の吉永一貴が「たなぼた」式に優勝したと報じた。

ショートトラックは韓国の得意競技。同種目の決勝には、黄大憲(ファン・デホン)、林孝俊(イム・ヒョジュン)ら韓国選手3人が出場したが、最初のスタートで黄がフライングを犯した。2度目のスタートでは黄、林の2人がそろってフライングし、先に動いた林が失格に。そして3度目のスタートでも黄がフライングで失格となり、韓国選手3人中2人がスタート前から姿を消す波乱のレースとなった。

レースは結局19歳の吉永が初優勝し、日本人としては17シーズンぶりに同種目を制覇する結果となった。失格となった2選手のうち黄は、準決勝でオランダの選手と接触して腰を痛めた。決勝を棄権すればポイントを獲得できないが、出場したうえで失格となれば一定のポイントが得られるルールがあり、黄はこれを利用して意図的に失格した可能性があると指摘されている。

この結果に、微博では中国のネットユーザーから「韓国人は本当に創意がある」「韓国のスポーツ精神を遺産登録しよう」「韓国は絶えず限界ラインを突破してくるな」「ちっとも不思議なことではない」といった皮肉めいたコメントが続々と寄せられている。(翻訳・編集/川尻
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ロビタ***** | (2018/11/06 04:53)

    計算したのかも知れないが、棄権と違い失格はその道に適していないという意味でもある。 韓国人はどんなスポーツに置いても、自分かってなところが多いから、他国の選手も韓国とは関わりたくない。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 大高富***** | (2018/11/05 16:31)

    記事の表題を誰がつけたのか不明ですが、誰が日本選手に金メダルをプレゼントしたというのでしょうか。八百長でレース前に既に勝者が決まっていたとでもいうのでしょうかね。 又、レースが終わってから失格が判明したのであればまだしも、レースのスタートで失格ですから”たなぼた”式も何もないでしょう。文章を生業にしている人々がこんな表現しかできないとは、情けない限り、喝!
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事