Record China

ヘッドライン:

高速道路でトレーラーが料金所の車列に突っ込み50人以上死傷―甘粛省蘭州市

配信日時:2018年11月5日(月) 10時40分
拡大
4日、中青在線は、甘粛省蘭州市にある高速道路の料金所付近で自動車30台以上が絡む交通事故が発生し、少なくとも15人が死亡したと報じた。写真は事故現場。

2018年11月4日、中青在線は、甘粛省蘭州市にある高速道路の料金所付近で自動車30台以上が絡む交通事故が発生し、少なくとも15人が死亡したと報じた。

事故が起きたのは、同市を通る蘭海高速道路の蘭州南料金所付近。現地時間3日午後7時過ぎ、北方向に走行していた1台のセミトレーラーが料金所の手前50メートルほどの場所で自動車の列に突っ込んだ。

この衝突により、自動車計31台が破損。同4日午前5時現在で15人が死亡し、44人が負傷、そのうち10人が重傷だという。セミトレーラーの運転手は軽傷で、公安当局に対して「下り坂の連続でブレーキが効かなくなった」と説明しているという。

現場となった料金所は、手前17キロから下り坂が続いている。カーブも多く、大型トラックのブレーキ制御ができなくなることで大きな事故が極めて起こりやすい区間だ。このため、公安部や同省は長年重点対策危険区間として警戒に当たってきたとのことだが、不幸にも大惨事が起きてしまった。(翻訳・編集/川尻

【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

運転中のバス運転手に暴力振るって事故―遼寧省で立て続けに有罪判決3件

新華網によると、遼寧省瀋陽市内の裁判所が最近になり、運転中のバス運転手に暴力を振るったことが事故につながったとして、被告に有罪判決を言い渡す例が3件連続した。写真は10月28日に運転手と乗客の殴り合いが原因で橋から長江に転落したバスの引き上げ作業。

Record China
2018年11月5日 9時40分
続きを読む

ランキング