「中国製造」は東南アジア製にいずれ取って代わられる、しかし真のライバルはこの国―中国メディア

配信日時:2018年11月6日(火) 7時50分
「中国製造」の真のライバルはこの国―中国メディア
画像ID  1039537
3日、製造業の分野でカンボジアやベトナムが中国を追い上げているが、中国にとって本当の競争相手はインドだと中国メディアが伝えた。写真はインド。
2018年11月3日、中国メディア・非主流軍評は、製造業の分野でカンボジアやベトナムが中国を追い上げているが、中国にとって本当の競争相手は別の国だと主張した。

記事は、「東南アジアの国々の製造業は、産業の裾野や生産技術の水準、交通・エネルギーインフラなど、製品価格に関わるさまざまな面や巨大市場への対応力は中国に及ばず、人口も少ないカンボジアやベトナムが現時点で中国に取って代わることは不可能だ」と指摘。

「カンボジアやベトナムが中国に勝っているのは労働力コストが抑えられるという点だけだ」とし、「規模や潜在力から見て中国に対抗できる国は、解決すべき問題は多々あるものの、それはインドだ」と指摘している。(翻訳・編集/岡田)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2018/11/06 08:37)

    日本の対中ODAは終了して、支援の対象は他のアジアの国に移っている。これはかつて中国を巨大市場に育てたように、新たな市場を開発するための下準備である。支援を受けた国が技術を発展させて、中国の地位を脅かすことはむしろ当然と言って過言ではない。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事