<卓球>伊藤美誠は「なぜ笑顔?」「怖い」、中国トップ選手から立て続けに逆転勝利で騒然=「平野美宇の再演か」

配信日時:2018年11月4日(日) 18時30分
伊藤美誠が中国トップ選手に連勝!中国騒然「なぜ笑顔?」「怖い」
画像ID  1039478
卓球のスウェーデンオープン女子シングルスで、伊藤美誠が中国のトップ選手2人を立て続けに撃破し決勝に進出。中国メディアや記者、ネットユーザーが注目している。写真は伊藤。
卓球のスウェーデンオープン女子シングルスで、伊藤美誠が中国のトップ選手2人を立て続けに撃破し決勝に進出。中国メディアや記者、ネットユーザーが注目している。

伊藤は準々決勝で、元世界ランク1位の劉詩ウェン(現6位)に1-3から大逆転勝利。準決勝では、同じく元世界ランク1位でリオデジャネイロ五輪金メダリストの丁寧を、0-2からの4ゲーム連取で破った。決勝では、世界ランク1位の中国の朱雨玲と対戦する。勝てば昨年のアジア選手権(中国無錫)の平野美宇に続き、中国のトップ選手に3連勝しての栄冠となる。

伊藤の快進撃に中国メディアも注目。新浪体育は「リードされても不思議な笑顔の伊藤美誠、彼女は確かに頭痛の種だ」と題する記事で、「彼女はリードされても、こちらからは表情が読めない。その上、よくわからない笑みを浮かべる」「丁寧との試合で2ゲームを連取されても、表情は淡々として闘志がないのかと思うほど。さらに第3ゲームでリードを許しても、表情は変わらなかった」と伝え、昨年のアジア選手権を引き合いに「平野美宇の再現を演じるのか」としている。

騰訊体育は「番狂わせ!伊藤美誠が4-2で丁寧に逆転勝利し決勝へ、2018年シーズンはすでに中国選手相手に10勝」の見出しで、伊藤が丁寧に逆転勝ちした試合を詳報。伊藤が今シーズン、中国選手と18回対戦し10勝8敗と勝ち越していることを紹介した。

中国中央テレビの記者で、先日引退を発表した福原愛さんとも長い付き合いのある李武軍氏は、微博(ウェイボー)で「伊藤美誠のパフォーマンスはいささか“怖い”。フォン・ティエンウェイに0-2から逆転したのを始めとし、劉詩ウェンに1-3から4-3、丁寧に0-2から4-2。(伊藤は)心理面では、困難に直面した時に爆発させるパワーが大きな進歩を遂げた。技術面では、フォアサーブが戦術の鍵になっている。理にかなわない積極的な攻めの戦術(※多く相手のリズムを乱すためにやや無理をして強打に出る)が、その高い命中率によって普通のことになっている。間違いなく、東京五輪の準備において、伊藤美誠は中国の第一の研究対象だ」としている。

中国のネットユーザーからは、「逆境からいつも試合をひっくり返すのが恐ろしい」「逆転されるというのは、中国選手の実力の問題」「おめでとう伊藤!丁寧の打球をよく研究していたね。丁寧の完敗だった」「伊藤は出始めのころは勢いだけで、ゲームを作れずに崩れていた。今は大事なポイントでの対処と試合のリズムのコントロールが本当に進歩した」「伊藤の前がかりになる戦術は、もはや相手のリズムを崩すだけのものではない。高い精度が伴っている」といったコメントが寄せられている。(翻訳・編集/北田
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 774***** | (2018/11/04 22:11)

    驚愕の決勝は4-0世界ランク1位の朱雨令は19点しか取れなかった。平均5点も取れないのだから惨敗どころの話では無い。ラリーは9割以上打ち勝って朱のラケットから弾かれるようにあらぬ所の飛んで行った。あるいはノータッチで抜かれた。あまりの打球スピードに恐るあまりなんでも無い返球を打ち損ねてオーバーするほどでリズムは崩壊。 レベルが違いすぎて10回やって1回勝てるかも疑問なほどだった。 勝利者インタビューで「最初に集中して試合に入ったら、自分の得意な卓球が出来てどんどん良くなった。こんな風に勝てるとは予想はしてなかった。」と言っている。調子に乗せちゃって、中国中が大騒ぎだろう。オリンピック金メダルはもうダメだと。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事