羽生結弦が世界新! 日本の国宝!? いや、世界の至宝だ!―中国ネット

配信日時:2018年11月4日(日) 7時20分
羽生結弦が世界新! 日本の国宝!? いや、世界の至宝だ!―中国ネット
画像ID  1039402
3日、フィギュアスケートのGPシリーズ第3戦フィンランド大会の男子ショートプログラムで、羽生結弦が106.69点をマークし首位に立った。中国版ツイッター・微博で関連ワードが急上昇した。写真は羽生結弦。
2018年11月3日、フィギュアスケートのGPシリーズ第3戦フィンランド大会の男子ショートプログラム(SP)で、羽生結弦が106.69点をマークし首位に。中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で関連ワードが急上昇した。

羽生の得点は、9月に宇野昌磨が記録した104.15点を上回る今季世界最高点。「秋に寄せて」に乗せたSPでは、連続ジャンプの着氷がやや乱れた場面も見られたが、貫禄の演技で2位のチェコのミハル・ブレジナ(93.31点)に10点以上の差をつけた。3位は中国の金博洋(ジン・ボーヤン。80.60点)だった。

中国でも絶大な人気を誇る羽生。今季から採点方法が大きく変わったことから新たな世界記録と受け止められ、演技終了後から「羽生結弦新世界記録」が微博の検索キーワードランキングで急上昇。1時間足らずでトップ10に入った。

中国のネットユーザーからは、「羽生結弦スゴい!」「おめでとう!」「優雅だ…」「これでまだ23歳という…」「身のこなしが美しすぎる」「もう日本の国宝になりそうな勢い」「世界の至宝級の選手!」など、絶賛が相次いでいる。

また、「スケート知らなくても、見たら鳥肌立った」「あまり詳しくないけど、近年彼の名前がよく検索ランキングに乗る。基本的には試合での記録についてだ。感嘆せずにはいられない」といった声も散見された。

この他、中国中央テレビ(CCTV5)の女性アナウンサー、陳イン(チェン・イン)さんが平昌五輪で羽生の演技を形容する時に使った言葉である「容姿は玉のごとく、姿は松のごとく、優雅さはオオハクチョウが驚くがごとく、美しさは龍が泳ぐがごとく」を引用して称賛を示すコメントも複数上がっている。(翻訳・編集/北田
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • Ser***** | (2018/11/04 00:32)

    羽生選手の得点に「与え過ぎ」だといちゃもんをつけ、 絶対にこの美しい演技を認めないのは、世界中探しても南朝●人だけだろ。 いまだに、何かと言うと、「まだ現役だったか?」と呆れる程、ヨナの名前を当たり前に持ち出してくる南朝●人ども。 「ヨナの滑りとは比較にならない」だの、 「ノーミスだったヨナの演技は、今思い出しても素晴らしかった」 などと。 トリプルアクセルに挑戦する事もなく、無難にまとめて金を取りに行った ヨナより、世界の評価は最後まで挑戦し続けた真央ちゃんの方が高いし、4回回るジャンプを3~4種類飛ぶ男子選手とヨナなんて、比較対象にもならないのに、南朝●人の中では、男女現役選手と比較しても、今尚、ヨナが最高である点が、呆れる。 南朝●フィギュア界で、ヨナ以降、後輩が育っていない、「選手層が薄い」現状が分かると言うものだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事