台湾が中国本土と電圧を統一?110Vから220Vへ変更する案に中国ネット「中国から電気を買う気満々」

配信日時:2018年11月6日(火) 9時50分
台湾が中国本土と電圧を統一?110Vから220Vへ変更する案
画像ID  1039310
2日、新浪軍事は、台湾で電圧を110Vから220Vへ変更する案が出ていると伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。
2018年11月2日、新浪軍事は、台湾メディアの報道を引用し、台湾で電圧を110Vから220Vへ変更する案が出ていると伝えた。

記事は、「台湾の電圧はずっと110Vだったが、台湾の電力会社は家庭用電圧を110Vから220Vへ変更することを提案している」と紹介。米国の家庭用電圧は通常120V、日本は100Vで、中国は220Vだが、英BBCは反対者の意見として「米国や日本は台湾と同じ110Vを使用している。220Vに変更することは国際基準と異なり、中国基準に合わせ、中国に近づくものだ」との声があると伝えた。

これに対し、中国のネットユーザーから「電力不足解決のためだな」「これは単に電力が足りないから電圧を上げてロスを少なくしようとしているだけだろ」などのコメントが寄せられた。

しかし、「中国から電気を買う気満々だな」「中国の電気を受け取る準備」「統一準備だ」「中国人民解放軍が台湾へ進駐するのを迎えるため?コンセントを取り換えなくて済むしね」などの主張も少なくなかった。

ほかには「220Vこそ国際的な主流だと思う」「ほとんどの電気製品が220Vだからな。台湾人は使えないからだろう」「一部の業界が儲けたいだけだと思うが」などの意見もあった。(翻訳・編集/山中)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事