【募集中】韓国語社内スタッフ

台湾鉄道の列車脱線事故から5カ月、運転士と指令員との通話記録公開―台湾メディア

配信日時:2019年3月17日(日) 21時30分
台湾鉄道の列車脱線事故から5カ月、運転士と指令員との通話記録公開
画像ID  1039025
16日、観察者網は、台湾メディアの報道を引用し、昨年台湾で発生した台湾鉄道の列車脱線横転事故で、運転士と指令員との通話の録音が公開されたと伝えた。
2019年3月16日、観察者網は、台湾メディアの報道を引用し、台湾北東部の宜蘭県で昨年10月21日、台湾鉄道の特急列車「普悠瑪(プユマ)6432号」が走行中に脱線して横転した事故で、運転士と指令員との通話の録音が公開されたと伝えた。

台湾メディアの聯合報によると、台湾鉄道は15日、合計約2時間にわたる録音記録を公開した。この録音記録によると、運転士は午後4時1分ごろからずっと、列車の動力が不安定であることを報告しており、停車して検査するよう求めていたという。一度は宜蘭駅で停車したものの、故障は修理できずそのまま運行を続けた。

運転士が自動列車防護装置(ATP)をオフにしたのは午後4時17分55秒で、この時点ではオフにしたことを報告しておらず、午後4時47分59秒にようやく指令員へ「今、ATPをオフにした」との報告があったという。

これに対し指令員は「ATPをオフにして良くなるのか?」と聞き返したが、運転士は「ATPをオフにしたら今は速度が出ている」と回答。指令員はもう一度、「いや、ATPをオフにしてそれは良くなるのか?」と聞いたが、運転士は再び「今のところこれをオフにしたら速度が出るようになった。様子を見てみる」と回答した。それから2分もたたない午後4時49分27秒に、時速141キロで列車は脱線、横転した。

記事によると、事故当時の通信記録の本文はすでに明らかになっており、台湾当局の行政部門による調査結果も公表されているが、最も重要なATPに関する点では、調査結果では運転士が午後4時17分55秒にATPシステムをオフにしたとなっているが、運転士が弁護士を通して示したところによると、運転士の記憶とは違いがあるという。

記事は、「15日に公表された録音内容は、おおむね台湾当局の行政部門の調査チームが公表した通話記録と一致している」と指摘。台湾鉄道は、規定に従ってATPをオフにしてすぐに報告していれば、別の補助装置を起動させることができ、事故のリスクを減らすことができたとしている。しかし、台湾鉄道がなかなか通話の録音を公表しなかったため、記事は「何か人に言えない秘密が含まれているのではないかとの疑念を人々に抱かせ、多くの疑問の声が出ていた」と伝えた。(翻訳・編集/山中)
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事