Record China

ヘッドライン:

中国高速鉄道に対抗!欧州2大鉄道メーカーが統合計画も、反対したのは…―米メディア

配信日時:2018年11月3日(土) 8時30分
拡大
1日、観察者網は、欧州の2大列車メーカーである独シーメンスと仏アルストムの鉄道事業統合に、EUが「待った」をかけたと報じた。写真はEU。

2018年11月1日、観察者網は、欧州の2大列車メーカーである独シーメンスと仏アルストムの鉄道事業統合に、欧州連合(EU)が「待った」をかけたと報じた。

記事は、米紙ウォール・ストリート・ジャーナルの1日付報道を引用し、欧州委員会が10月31日に両社に対して「列車および信号システムの供給分野の競争がなくなるため、統合計画には問題がある」との判断下したと伝えた。

そして、シーメンスの広報担当者が「EUが反対する理由を一定期間精査し、来年1月28日のEUによる最終決定前に解決案を出したい」とし、アルストムの広報が「引き続き欧州委員会と建設的な協力を進め、統合の理由やメリットについて説明していく。来年上半期に統合できると信じている」と語ったことを紹介している。

ウォール・ストリート・ジャーナルによれば、両社の統合計画は国際市場において中国中車(CRRC)に対抗する狙いがあるとみられるが、中国中車は欧州での業務が少ないため、競争関係にある両社の統合で、同域内において独占企業が生まれることになるという懸念がEU内にはあるようだ。

両社は今年3月に統合の合意書に署名し、9月26日には鉄道事業部門が対等合併して新本社をフランスに、交通ソリューション業務の本部をドイツに設置するという覚書にも署名していた。(翻訳・編集/川尻

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

中国高速鉄道、乗車券ないのに乗り込んだ客のせいで発車できず=実はあちこちで同じことが起きていた!―中国メディア

10日、央視網は、国慶節の連休のUターンラッシュで中国の高速鉄道に乗車券を持たない乗客が多数乗り込んだために発車できなくなった騒動を挙げ、「類似の事件があちこちで起きていた」と報じた。資料写真。

Record China
2018年10月11日 8時40分
続きを読む

高速鉄道乗車前にインタビュー受けてたらドア閉まる、男性の笑顔が一瞬で凍り付く―中国

中国メディア・観察者網によると、広東省広州市と香港を結ぶ「広深香高速鉄道」が23日に全線開通となったことを受け、中国のテレビ局が乗客にインタビューをしていたところ、乗客が乗る予定の列車のドアが閉まってしまうという出来事が起きた。

Record China
2018年9月25日 17時20分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング