中国高速鉄道で父親が娘にわいせつ?「違法ではない」の司法判断が大論争に―米華字メディア

配信日時:2018年11月2日(金) 23時0分
中国高速鉄道で父親が娘にわいせつ?「違法ではない」の司法判断が大論争に
画像ID  1038948
1日、米華字メディア・多維新聞は、中国で自分の娘にキスしたり体を触ったりしていた男性に対し、警察当局が「児童わいせつに当たらない」との司法判断を下したことで波紋が広がっていることを報じた。
2018年11月1日、米華字メディア・多維新聞は、中国で自分の娘にキスしたり体を触ったりしていた男性に対し、警察当局が「児童わいせつに当たらない」との司法判断を下したことで波紋が広がっていると報じた。

記事によると、中国高速鉄道の車内で先日、男性が自分の娘である5歳の女児の衣服をまくりあげて体を触ったり、キスしたり、ズボンの中に手を入れたりする事案が発生。ネットユーザーが公開した映像では、女児が「パパ、痛い、もうお尻触らないで」などと叫んでいる様子が映っていたが、事案の処理を担当した江西省南昌鉄路公安局は10月31日に発表した声明で「男性の行為はわいせつ行為に当たらず、違法性はない」との判断を下したことを明らかにした。

記事は、中国の刑法中にある「児童わいせつ罪」では、14歳以下の児童に対する性交以外のわいせつ行為についても罪が適用されると規定されているほか、親族関係であるかを問わず責任能力のある刑事責任年齢以上の者すべてに適用される、と指摘した。

その上で「警察当局の判断は、わいせつ行為と断定する法的根拠が少ないとの判断かもしれないが、法律の運用を誤っている可能性がある。一部の国民の間では、親族関係のわいせつ行為は法の効力が及ばず、おとがめがないか、あっても軽い処分で済むと誤解している人がいる」と論じている。

そして、「この問題の背後にはさまざまな可能性がある。例えば、法を扱う人物が法律に対する認識を十分に持っていないかもしれないし、あるいはなんらかの利益供与を受けているかもしれない。明らかになっている情報でそれを確かめることはできないが、警察の判断自体が現地の法執行機関や監督管理体制に問題があることを浮き彫りにした」と指摘している。(翻訳・編集/川尻
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事