米国で「出生地主義」廃止の可能性、中国人の「夢」が打ち砕かれる?―英メディア

配信日時:2018年11月4日(日) 18時50分
米国で「出生地主義」廃止の可能性、中国人の「夢」が打ち砕かれる?
画像ID  1038791
1日、米華字メディア・多維新聞は、米国のトランプ大統領が中間選挙を前に、米国で生まれた子供に国籍を与える「出生地主義」の廃止を検討していることを伝えた。写真は妊婦。
2018年11月1日、米華字メディア・多維新聞は、米国のトランプ大統領が中間選挙を前に、米国で生まれた子どもに国籍を与える「出生地主義」を大統領令で廃止する考えを示したという英メディアの報道を伝えた。

米国では親が外国人や不法移民でも国内で生まれた子どもには米国国籍が付与される。これは憲法で規定された「出生地主義」に基づく制度。米国のほかにカナダやブラジルなど30数カ国がこの制度を採用している。

記事によると、同制度を廃止するというトランプ大統領の考えに中国の中産階級家庭は神経をとがらせている。制度の廃止により「米国で出産する中国人をターゲットにしたマタニティーセンターなどの産業も深刻な影響を受けることが予測される」とし、「今後『北京ロマンinシアトル(原題・北京偶上西雅図)』(愛人の子を産むためシアトルに来た中国人女性を描いた映画)のような場面もなくなる」と伝えている。

記事は「同制度廃止の目的は不法移民対策がメイン」とする分析を紹介。不法移民が米国で出産する子どもの数は旅行中に出産する数よりはるかに多いとされ、米国社会の恩恵を長期的に受けるという。

一方で、出産目的で米国に旅行する中国人は中産階級以上であるとされ、出産後はいったん米国を離れ、子どもが米国の公立教育機関に入れる年齢になって再度訪米するため、享受する社会的恩恵は少ないとしている。なお、2017年米シンクタンクの移民研究センターが公表したデータによると、年3万6000人近い中国人の赤ちゃんが米国で生まれているという。

別の分析では、「トランプ大統領はまだこの政策に関する詳細な事項は明らかにしておらず、廃止による影響を議論するのは時期尚早」とし、「米国政府に特定の規定ができない限り越境出産は継続されるだろう」としている。(翻訳・編集/和田)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • Ken***** | (2018/11/05 09:15)

    既に市民権のある両親以外は、アメリカに1年とか2年とか「生活基盤を置いている」証明をさせればいいよ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2018/11/04 20:15)

    >これは憲法で規定された「出生地主義」に基づく制度 中国人の夢には興味はないが、米国が憲法に反する制度改革をしたことは日本と無縁ではない。日本の平和憲法はどう言い訳しても米国が作らせたもので、その米国が『憲法は破ってもいい』と前例を示したのだ。それなら〈憲法改正〉と言うハードルを越えなくても、同じ内容の国内法を作ることができる。もし野党から『憲法に反している』と抗議されても『米国に同じことが言えるのか?』と言い返すことが出来るからだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • Tom***** | (2018/11/04 19:29)

    出生地主義は条件付きにした方がいい。日本も父母両系血統主義に加えて、日本で生まれ育った子供には国籍を与える「条件付き出生地主義」にすればいいと思う。もちろんアメリカのように、公安監視対象や犯罪歴のある者、国家に忠誠を誓わない者は帰化不能にすべきだが。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事