韓国の先端技術の海外漏洩先、7割を中国が占める―米華字メディア

配信日時:2018年11月4日(日) 16時20分
韓国の先端技術の海外流出先、7割を中国が占める―米華字メディア
画像ID  1038739
韓国国家情報院は10月31日、「過去約2年間に発覚した先端技術の海外漏洩は40件。全体の7割を中国が占める」と発表した。
韓国国家情報院は10月31日、「過去約2年間に発覚した先端技術の海外漏洩(ろうえい)は40件。全体の7割を中国が占める」と発表した。米華字メディア・多維新聞が伝えた。

記事は韓国・朝鮮日報の報道を引用したもので、2017年1月から18年10月までに明らかになった40件のうち、安全保障や国民経済に影響を及ぼす「国の核心技術」に関するものは7件に上った。

国家情報院によると、有機発光ダイオード(OLED)の大手企業と協力関係にある機関の研究員5人は5000件を超える技術を持ち出し、同社とライバル関係にある中国企業に転職しようとしたところで問題が発覚したという。国策研究機関のセンター長を務めたことがある大学教授も風力発電システムの資料を中国企業に渡そうとしたという。

記事は、「中国はさまざまな手段を使って世界の先端技術や人材を『発掘』している。これが西側諸国の『敵意』を引き起こした」と指摘し、米当局が10月30日、米企業の航空技術を盗み取ろうとしたとして、中国当局関係者らを起訴したと発表したことに言及した。(翻訳・編集/野谷
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • mor***** | (2018/11/05 00:39)

    その中で元は日本の技術だったものを違法に窃取したのはどのくらいの割合にのぼるのかもちゃんと書いておけよな。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2018/11/04 20:25)

    >中国はさまざまな手段を使って世界の先端技術や人材を『発掘』している 中国では『まだ中国で登録されていない技術や商標は、中国人の発明として知的財産権登録が出来る』と法律で決められている。このため外国で開発された技術や商標が中国人の特許になってしまい、本家の外国企業が中国で操業すれば〈特許使用料〉を支払わなければいけなくなる。なんて中国人に有利な法律なのかと思ったら、外国企業の中国撤退を促進しているだけだった。米中貿易戦争だけでも中国にとって逆風なのに、中国人は自分の首を絞めているようだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事