徴用工判決で日韓関係悪化、韓国大統領の年内訪日難しく―中国メディア

配信日時:2018年11月1日(木) 12時20分
徴用工判決で日韓関係悪化、韓国大統領の年内訪日難しく―中国メディア
画像ID  1038622
31日、中国メディアの澎湃新聞は、「日韓関係は徴用工問題で緊張が高まり、韓国の文在寅大統領の年内の訪日は難しくなった」とする記事を掲載した。写真は文大統領。
2018年10月31日、中国メディアの澎湃新聞は、「日韓関係は徴用工問題で緊張が高まり、韓国文在寅(ムン・ジェイン)大統領の年内の訪日は難しくなった」とする記事を掲載した。

記事はまず、「意見の食い違いが絶えない日韓関係は、第2次世界大戦中に工場などで強制労働させられたとする徴用工問題で、緊張の気配が再び高まりを見せている」と指摘した。

続けて、日本メディアの報道を引用し、「韓国大法院(最高裁)は30日、元徴用工の韓国人ら4人が新日鉄住金(旧新日本製鉄)に損害賠償を求めた訴訟で、同社の上告を棄却し、1人当たり1億ウォン(約1000万円)を支払うよう命じた2013年のソウル高裁判決が確定した。日本企業に賠償を命じる判決が確定したのは初めてだ。ほかに14の同様の訴訟で日本企業計約70社が被告となっており、これらの訴訟でも日本企業の敗訴が相次ぐ可能性が高まりそうだ」などと伝えた。

さらに、日本の共同通信が31日付の記事で、日韓外交筋の話として「韓国人元徴用工訴訟判決を受け、日韓両政府が調整してきた文在寅大統領の年内来日が困難な見通しとなった」とし、NHKも先月、「日本の外務省は、今年で『日韓共同宣言』から20年の節目となるのに合わせて、文在寅大統領の日本訪問の早期実現に向けて、機運の醸成を図りたい考えだ。だが秋の臨時国会や国際会議などの日程が立て込んでいることなどから、具体的な日程のめどは立っていない」などと報じていたことを紹介した。

そして最後に、「日韓関係は常に敏感で脆弱だ。徴用工問題のほかにも、慰安婦問題や日本が『竹島』と呼ぶ独島問題などの懸案がある。先日も、韓国が主催する国際観艦式で、韓国側が自衛艦旗『旭日旗』の掲揚自粛を求めたことを受け、日本側は海自艦艇の派遣取りやめを決めるという事件があった」と伝えた。(翻訳・編集/柳川)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アメポ***** | (2018/11/02 04:04)

    まあ、戦後補償は日本政府の責任だったとしてもだ。 日韓基本条約ってのは二国間で取り交わした約束事には違いない。その両国政府が「最終的に解決した」とするのであれば、韓国政府にも応分の責任がある。 まあ、国という妖怪みたいな存在に泣かされるのが国民だというのは洋の東西を問わず世の常だとは思うし、それで泣きを見た韓国国民も居たのだろう事は容易に想像がつく。 だが、日本が非難される前に、一番無責任なのは韓国政府だと思うが。 個人的には韓国人に恨みはない。知り合いもいるし、嫌な事をされた憶えもない。だが、そんな私から見ても韓国政府はちょっと異常なほど無責任だと思う。 条約締結時に独立祝い金だかなんだか、取って付けの意味不明な名目で金を渡した当時の日本政府もかなりの能無しだが、朴正煕政権もかなりの詐欺師だと言える。 漢江の奇跡だかなんだか知らないが、韓国国民はまず自国の政府にもっと怒りなさいよ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • sea***** | (2018/11/02 01:26)

    G20に入るほどの経済大国になったのにまだ他国に金をせびる韓国! とことん自国民のための保証をしない国なんだね。笑
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2018/11/01 16:31)

    >徴用工問題のほかにも、慰安婦問題や日本が『竹島』と呼ぶ独島問題などの懸案がある 従軍慰安婦の中には日本からの〈見舞金〉の受け取りを拒否しているものがいるから、その分を徴用工に回せばいい。慰安婦と徴用工はまったく別のものではあるが、お金はお金である。慰安婦は失った名誉を回復させたくて、徴用工は賠償金を欲しがっている。それなら慰安婦が一度受け取ったお金を、徴用工に寄付すれば問題ない。慰安婦は善行を積んだことで名誉が回復して、徴用工は後腐れのないお金を受け取れる。これで八方丸く収まるはずだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事