Record China

ヘッドライン:

中国がインドの友好国ネパールへの軍事援助を大幅増―韓国メディア

配信日時:2018年11月2日(金) 7時20分
拡大
31日、米華字メディア多維新聞は、ネパールが友好国のインドから離れ、中国への依存を強めているとする、韓国メディアの報道を伝えた。資料写真。

2018年10月31日、米華字メディア多維新聞は、ネパールが友好国のインドから離れ、中国への依存を強めているとする、韓国メディアの報道を伝えた。

記事は、韓国・聯合ニュースの10月31日付報道を引用。中国が近ごろネパールとの間で1億5000万元(約24億円)の軍事支援覚書に署名し、具体的なスケジュールについてははっきりしないとしながらも中国が今後5年間かけてこの援助金をネパールに支給する予定であると紹介した。

そして「ネパールはインドの従来からの友好国であり、貿易やエネルギーなどの分野でインドに対する依存度が高かった。しかし、ネパールとインドの関係に変化が生じ、ネパール政府は多くの親中政策に乗り換え、実行するようになった。ポカラ空港、キドン鉄道建設プロジェクトを中国と共同で推進しているほか、中国主導の『一帯一路』プロジェクトにもさらに積極的に参加している」との分析を伝えている。

記事は一方で、ネパールと中国の接近を警戒するインドは、モディ首相が5月に2014年の首相就任後3度目となるネパール訪問を行い、両国関係の強化に向けて力を注いでいるとした。(翻訳・編集/川尻

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

中国がネパールに海港4カ所を開放、「取り込み」強化でインドからの引き離し

中国メディアの観察者網は「インドの独占を打破、中国が海港4カ所をネパールに開放」と題する記事を発表した。中国は「一帯一路」政策と絡めてネパールの「取り込み」を図っていると見られる。その背景にはインドとの対立もある。写真はネパール首都のカトマンズの光景。

Record China
2018年9月11日 13時10分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング