U19日本代表の中心選手離脱の理由に、中国ファン「うらやましくて嫉妬」「中国ではあり得ない」

配信日時:2018年10月31日(水) 20時40分
日本選手の離脱の理由に、中国ファン嫉妬?「中国ではあり得ない」
画像ID  1038312
30日、中国のスポーツメディア・騰訊体育は、インドネシアで行われているAFC U-19選手権でベスト4に進出したU19日本代表メンバーから、中心選手である安部裕葵が離脱したことを伝えた。写真は日本代表ユニフォーム。
2018年10月30日、中国のスポーツメディア・騰訊体育は、インドネシアで行われているAFC U-19選手権でベスト4に進出したU19(19歳以下)日本代表メンバーから、中心選手である安部裕葵が離脱したことを伝えた。

記事は、「U19日本代表の『切り札』である背番号10の安部裕葵がチームを離脱。理由はけがではない。彼が所属する鹿島アントラーズがACL(アジアチャンピオンズリーグ)の決勝に進出したものの、故障者が相次いだため必要になった」と説明した。

また、安部について「今大会で輝きを見せる日本代表の中で、まさに出色の存在」と評価。「これまで1ゴール2アシストを記録するなど、攻守に素晴らしいパフォーマンスを見せている」とした。

その上で、U19日本代表の影山監督が安部の離脱について、「日本サッカー界として、選手に高いステージで戦わせることは必要」「喜んで送り出してあげたい」などと語っていたことを紹介した。

これに対し、中国のサッカーファンからは、「(影山監督の発言に)日本の発展と神髄が凝縮されている」「プレーヤーファースト(選手第一主義)だね」「日本サッカーがうらやましくて嫉妬する」「中国サッカー協会なら絶対あり得ない対応だね」「日本のサッカーはクラブが基礎にある。もし中国選手が代表を離れてクラブに戻るなんて言ったらボコボコにたたかれる」などといった声が上がった。

また、「これは日中の差がまだ大きいことをよく表している。安部は19歳でACLの決勝を戦い、中国選手は23歳でもリーグの保護を受けている(※中国リーグでは若手強化を目的として、先発メンバーに少なくとも1人は23歳以下の選手を含めなければならないという規定がある)」といったコメントや、「同じトップのチームでも鹿島アントラーズは日本代表に多く選手を輩出、広州恒大の選手はどこへ?サテライトチームで殴り合い?(※過去に自チームの選手同士が殴り合う騒動を起こしている)」と、日本と比較して揶揄(やゆ)するコメントも寄せられた。

この他、「日本代表の実力は高く、人材は豊富。誰かが抜けても同じように優勝できる」「日本は久保建英がいれば優勝できる。ポゼッション(ボール保持)を高めてサウジアラビアを消耗させるだろう」など、安部が離脱しても戦力に影響しないという声も見られた。

なお、U19日本代表はすでにベスト4に進出したことで、U20ワールドカップ出場権を獲得している。(翻訳・編集/北田
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事