中国でも人気の「進撃の巨人」がハリウッド実写化、中国ネットの反応は?

配信日時:2018年10月31日(水) 23時0分
中国でも人気の「進撃の巨人」がハリウッド実写化、中国ネットの反応は?
画像ID  1038308
30日、新浪日娯が漫画「進撃の巨人」のハリウッド版実写映画化が決まったと伝えたところ、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は「進撃の巨人」のパネル。
2018年10月30日、日本のエンタメ情報を紹介する新浪日娯が漫画「進撃の巨人」のハリウッド版実写映画化が決まったと伝えたところ、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

記事は、「監督を務めるのはホラー映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』のアンディ・ムスキエティ氏。そして『ハリー・ポッター』シリーズのデイビッド・ヘイマン氏、『HEROES』のマシ・オカ氏、監督の姉のバルバラ・ムスキエティ氏がプロデューサーだ。すごすぎる」と紹介。さらに、日本では15年に実写化されていることも付け加えた。

同作品は中国でも人気が高く、ネットユーザーからは「アジアの俳優に演じてほしい」「ハリウッド版は日本版以上の作品になる?」「期待と不安が入り混じってる」という声や、「『進撃の巨人』は自分にとってのナンバーワン。アニメで十分なのにどうしてわざわざ実写化?」「すごい特撮が期待できそう」などの声が上がっている。(翻訳・編集/野谷
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2018/11/01 08:56)

    >日本では15年に実写化されている 個人の感想であるが〈実写版『進撃の巨人』〉は大外れだった。原作マンガを無視したストーリーで、登場人物もイメージと違う。一番違和感があったのは〈アルミン〉である。声優が女性のキャラを普通の男優が演じたら気持ち悪いだけだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事