Record China

ヘッドライン:

中国でも人気の「進撃の巨人」がハリウッド実写化、中国ネットの反応は?

配信日時:2018年10月31日(水) 23時0分
拡大
30日、新浪日娯が漫画「進撃の巨人」のハリウッド版実写映画化が決まったと伝えたところ、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は「進撃の巨人」のパネル。

2018年10月30日、日本のエンタメ情報を紹介する新浪日娯が漫画「進撃の巨人」のハリウッド版実写映画化が決まったと伝えたところ、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

記事は、「監督を務めるのはホラー映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』のアンディ・ムスキエティ氏。そして『ハリー・ポッター』シリーズのデイビッド・ヘイマン氏、『HEROES』のマシ・オカ氏、監督の姉のバルバラ・ムスキエティ氏がプロデューサーだ。すごすぎる」と紹介。さらに、日本では15年に実写化されていることも付け加えた。

同作品は中国でも人気が高く、ネットユーザーからは「アジアの俳優に演じてほしい」「ハリウッド版は日本版以上の作品になる?」「期待と不安が入り混じってる」という声や、「『進撃の巨人』は自分にとってのナンバーワン。アニメで十分なのにどうしてわざわざ実写化?」「すごい特撮が期待できそう」などの声が上がっている。(翻訳・編集/野谷

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

アリペイが日本の交通システムへ進出、日本メディアは「中国の巨人が攻めてくる」と報道=中国ネット「日本メディアは2次元的な感じが濃厚」

環球網は21日、アリペイの日本の交通システムへの進出について、日本メディアが「中国の巨人が攻めてくる」と評したと紹介する記事を発表した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真はアリペイ。

Record China
2018年6月23日 18時20分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング