日本の母親の「10カ条の家訓」、中国ネットで話題に

配信日時:2018年11月2日(金) 23時40分
日本の母親の「10カ条の家訓」、中国ネットで話題に
画像ID  1038226
27日、中国版ツイッターで日本のある母親による「10カ条の家訓」が話題を集めている。資料写真。
2018年10月27日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で日本のある母親による「10カ条の家訓」が話題を集めている。

「自分からあいさつする。何かしてもらったら感謝し、迷惑をかけたらその場で謝る」、「公の場では他人に聞こえないように気をつけて話す。自分勝手なことはしないように気をつける」、「親は子どもにとって最も親しく信頼できる存在。1人で我慢させないようにさせる」、「誠実さは最も優れた品性。うそをつけば信用を失い、一生後悔することになる」など、いずれも子どもの家庭教育に大事な内容となっている。

この記事に、中国ネットユーザーからは次のようなコメントが書き込まれている。

「親たるもの誰もがこうあってほしいものだ」
「印刷して家に置いておこうと思った」
「中国に欠けているのは家庭の教育だ」
「ルールや約束を守り、清潔を保ち、マナーを心得る。それができる中国人は少ないが、日本人はそうではない。やはり教育は重要だと思う」
「歴史問題を抜きにすれば、日本は確かに優れた民族だよ」

「こういう教育は中国には合わない」
「中国では問題がおきるとすぐ学校のせいにする」
「何かあるとすぐ社会のせいにするのは間違っている」
「中国の親は子どもに『100点を取れ』『テストで1位になれ』と言うだけで、他はまったく目に入らない」(翻訳・編集/岡田)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事