日韓合同アイドルの日本語曲、韓国で次々「放送不適格」判定=韓国ネットは納得

配信日時:2018年10月31日(水) 22時20分
日韓合同アイドルの日本語曲、韓国で次々「放送不適格」判定
画像ID  1038103
31日、韓国・毎日経済によると、韓国のオーディション番組から誕生した日韓合同ガールズグループ「IZ*ONE」の日本語曲「好きになっちゃうだろう?」が、KBSに続きSBSでも放送不適格の判定を受けた。資料写真。
2018年10月31日、韓国・毎日経済によると、韓国のオーディション番組から誕生した日韓合同ガールズグループ「IZ*ONE(アイズワン)」の日本語曲「好きになっちゃうだろう?」が、KBSに続きSBSでも放送不適格の判定を受けた。

韓国の放送局SBS関係者は同日、判定の理由について「審議基準に『日本色の強いものは放送できない』との規定がある」と説明した。韓国の国営放送局KBSも30日、「歌詞全体が日本語で構成されているため、放送審議関連規定に抵触する」と発表していた。

同曲は秋元康氏が作詞した曲で、29日に行われたデビューコンサートでも披露された。

これに、韓国のネットユーザーからは「不適格判定が妥当」「当然だよ。日本語の歌は、テレビはもちろんラジオでも禁止されている」「当然。韓国の歌手だって日本では日本語で歌っているのだから」「アイズワンが好きだけど、日本語の歌は聞かない」「韓国語で歌い直せばいいんじゃない?」など、判定に納得する声が上がっている。

一方で「理解できない」「今は何時代?。韓国は反日のまま過去にとどまり、未来を見ていない」「そのくせ日本のテレビで韓国語の歌が流れたら、韓流パワーがすごいと騒ぎ立てるんでしょ?」などと不満を示す声も見られた。(翻訳・編集/堂本
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 7

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事