【募集中】韓国語社内スタッフ

徴用工訴訟判決で日韓関係に暗雲、韓国政府の対日戦略は?=韓国ネットから不安の声

配信日時:2018年10月31日(水) 16時20分
徴用工訴訟判決で日韓関係に暗雲、韓国政府の対日戦略は?=韓国ネットから不安の声
画像ID  1038146
31日、韓国・世界日報によると、韓国最高裁が新日鉄住金に韓国人元徴用工への損害賠償を命じる判決を言い渡したことで日韓関係に暗雲が立ち込める中、韓国政府は慎重な反応を見せている。資料写真。
2018年10月31日、韓国・世界日報によると、韓国最高裁が新日鉄住金に韓国人元徴用工への損害賠償を命じる判決を言い渡したことで日韓関係に暗雲が立ち込める中、韓国政府は慎重な反応を見せている。

韓国外交部のノ・ギュドク報道官は30日の会見で「今回の判決が日韓関係に否定的な影響を及ぼさないよう、両国が知恵を出し合わなければならない」としつつも具体的な言及は避けた。記事は「こうした韓国政府の消極的な対応は、対北朝鮮制裁や北朝鮮の非核化交渉において日米韓の協力関係が壊れる可能性への懸念と、過去史の清算という二つの要素を総合的に考慮したもの」と分析。また、文在寅(ムン・ジェイン)大統領はこれまで、過去史と安保・経済協力を別途で進める「ツートラック対日戦略」を展開してきたが、「今回の判決により新たな戦略を立て直さなければならない局面を迎えている」と指摘している。高麗大のパク・ホンギュ教授は「政府が判決を尊重し、被害者らの権利回復に向け努力しなければならない」とし、「被害者らの立場と日韓関係を入念に検討しつつ、時間をかけて協議できる場を設け、対応策を見つけるべき」と主張したという。

一方、日本政府は今回の判決に強く反発している。河野太郎外相は韓国政府に対し「国際法違反状態の是正を含め、適切な措置を直ちに講ずる」よう求め、講じられない場合は「国際司法裁判所(ICJ)への提訴も視野に入れている」と強調した。ただ、ICJは韓国が応じなければ裁判は開かれない。また、河野外相は30日に駐日韓国大使を呼び抗議した。経団連、経済同友会、日本商工会議所、日韓経済協会の4団体も「日韓関係を悪化させるおそれがある」と深い懸念を示したという。

これに、韓国のネットユーザーから「韓国政府も強硬な対応をすべき」「日本の目を気にして生きるよりはまし」「日本はいつもやりたい放題なのに、韓国が自国の立場を表明した時だけ日韓関係が悪化するなんておかしい」など、韓国政府に判決の履行に向けた積極的な対応を求める声が上がっている。

一方で「文政府は北朝鮮のことしか見ていないから、日韓関係の危機に気づいていない」「米国とも日本とも関係が悪化したら韓国はどうなる?」「無能な政府は何にも考えていないよ。どうせこれも解決できないだろう」「北朝鮮の核を解決するため日本と協力する時なのに!」など、日韓関係悪化に対する不安の声も多く上がっている。(翻訳・編集/堂本
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事