ポーランドの「台湾独立」支持番組は極右団体によるもの―中国紙

配信日時:2018年11月1日(木) 7時40分
ポーランドの「台湾独立」支持番組は極右団体によるもの―中国紙
画像ID  1038003
30日、中国紙・環球時報は、ポーランドのテレビ局が番組内で「台湾独立」を支持したなどと台湾メディアが報じたことについて、「同番組は極右団体がYouTubeのチャンネルで配信したものであることが分かった」と報じた。資料写真。
2018年10月30日、中国紙・環球時報(電子版)は、「ポーランドのテレビ局が番組内で『台湾独立』を支持した」などと台湾メディアが報じたことについて、「同番組はポーランドのテレビ局によるものではなく、『流れに逆らう』という意味の『Idź Pod Prąd』を名乗る極右団体がYouTubeのチャンネルで配信したものであることが分かった」と報じた。

YouTubeチャンネルの「Idź Pod Prąd TV」が配信した番組では、ポーランド人女性が中国語で「私たちポーランド人は台湾が独立できることを望んでいる。中国にノー、台湾にイエスと言おう」と話し、司会者もそれに続いて「ポーランドはこれまで多くの国の独立のために努力してきた。ポーランドは台湾が大陸に対抗することを支持する」などと主張した。

環球時報によると、在中国ポーランド大使館は30日、同紙の取材に対し、「問題の動画内の言論は『個人の行動』だ。ポーランドは終始、一つの中国の原則を堅持している」などとメールで回答したという。

環球時報は、「報道によると、Idź Pod Prąd TVはポーランド国内外で非主流的な存在だ。創始者のPawel Chojecki氏は宗教急進主義者であり、欧州理事会(EU首脳会議)のドナルド・トゥスク常任議長の死刑を求めたこともあった。英紙ガーディアンも今年1月、同団体の英国への浸透や急進主義思想の散布を非難している」と伝えている。(翻訳・編集/柳川)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事