Record China

ヘッドライン:

ポーランドの「台湾独立」支持番組は極右団体によるもの―中国紙

配信日時:2018年11月1日(木) 7時40分
拡大
30日、中国紙・環球時報は、ポーランドのテレビ局が番組内で「台湾独立」を支持したなどと台湾メディアが報じたことについて、「同番組は極右団体がYouTubeのチャンネルで配信したものであることが分かった」と報じた。資料写真。

2018年10月30日、中国紙・環球時報(電子版)は、「ポーランドのテレビ局が番組内で『台湾独立』を支持した」などと台湾メディアが報じたことについて、「同番組はポーランドのテレビ局によるものではなく、『流れに逆らう』という意味の『Idź Pod Prąd』を名乗る極右団体がYouTubeのチャンネルで配信したものであることが分かった」と報じた。

YouTubeチャンネルの「Idź Pod Prąd TV」が配信した番組では、ポーランド人女性が中国語で「私たちポーランド人は台湾が独立できることを望んでいる。中国にノー、台湾にイエスと言おう」と話し、司会者もそれに続いて「ポーランドはこれまで多くの国の独立のために努力してきた。ポーランドは台湾が大陸に対抗することを支持する」などと主張した。

環球時報によると、在中国ポーランド大使館は30日、同紙の取材に対し、「問題の動画内の言論は『個人の行動』だ。ポーランドは終始、一つの中国の原則を堅持している」などとメールで回答したという。

環球時報は、「報道によると、Idź Pod Prąd TVはポーランド国内外で非主流的な存在だ。創始者のPawel Chojecki氏は宗教急進主義者であり、欧州理事会(EU首脳会議)のドナルド・トゥスク常任議長の死刑を求めたこともあった。英紙ガーディアンも今年1月、同団体の英国への浸透や急進主義思想の散布を非難している」と伝えている。(翻訳・編集/柳川)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

額に「台湾」タトゥーの英国人男性、カンボジア旅行中に10人以上の中国人に殴られる―台湾メディア

29日、昨年、酒に酔った勢いで額に漢字で「台湾」の文字を入れたとして話題をさらった英国人男性のポール・ファレルさんがこのほど、カンボジアを旅行中に10人以上の中国人に顔などを殴られ、歯を2本折る被害に遭ったという。資料写真。

Record China
2018年5月29日 12時20分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング