日本や韓国でも論文不正、世界的な問題だが中国もやっていいわけではない―中国メディア

配信日時:2018年11月1日(木) 20時20分
日本や韓国でも論文不正、だが中国もやっていいわけではない―中国メディア
画像ID  1037998
30日、中国青年報は「論文の不正は世界的な問題だが、それを中国の学術界の隠れみのにしてはならない」とする評論記事を掲載した。資料写真。
2018年10月30日、中国青年報は「論文の不正は世界的な問題だが、それを中国の学術界の隠れみのにしてはならない」とする評論記事を掲載した。以下はその概要。

27日、世界トップクラスの医学雑誌・ランセットの主編者リチャード・ホートン氏が中国メディアの取材を受けた際「論文の不正は世界的な難題であり、中国だけで発生するものではない」と語った。論文の不正をいかにして処理し、予防するかは確かに世界的な難題と言える。剽窃や代理執筆のほかにも、すぐには発見しづらい不正の手段が多数ある。

10月24日、南京大学の梁瑩(リアン・イン)教授が少なくとも15本の論文で盗作または重複投稿などの不正を行っていたことが報じられ、社会から広く注目された。論文の不正防止は世界的な難題だが、それを一部の人間が中国学術界の隠れみのとして用いるようなことはあってはならない。論文の不正が世界に広く存在することは、中国学術界が自らへの要求を緩めることを意味するものではない。

日本の小保方晴子氏は論文の問題で自ら辞職し、韓国の生殖学者・黄禹錫(ファン・ウソク)氏は論文の不正で執行猶予付きの懲役判決を受けた。外国学術界の厳しい姿勢は、わが国も大いに参考にするに値する。

論文不正問題の根治が難しいのは、おそらく現在の学術評価体系に関係があるものと思われる。論文の数で人材が評価されから、論文の不正に走るのだ。近ごろ、中国政府の関係当局は共同で、論文・職位・学歴・賞を至上とする学術界の体質を改善する行動を開始した。この行動によって学者たちが4要素の束縛から解き放たれ、その精力をますます有意義な仕事に注ぎ、論文の不正が自然と減っていくことを信じている。(翻訳・編集/川尻
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事