Record China

ヘッドライン:

武侠小説家の金庸氏、94歳で死去=「射[周鳥]三部曲」など映画・ドラマ化、人気スター輩出―香港

配信日時:2018年10月31日(水) 10時50分
拡大
30日、映像化された作品が数多くのスターを生み出した武侠(ぶきょう)小説家、金庸(きん・よう)氏が香港の病院で亡くなった。享年94歳だった。
(1/6枚)

2018年10月30日、映像化された作品が数多くのスターを生み出した武侠(ぶきょう)小説家、金庸(きん・よう)氏が香港の病院で亡くなった。享年94歳。新浪が伝えた。

その他の写真

「華人のいるところ金庸の小説あり」と言われるほど、中華圏で絶大な人気を誇る武侠小説家。中国・浙江省海寧市で1924年に生まれ、48年に香港へ移住。新聞社勤務を経て55年、最初の作品となる「書剣恩仇録」を発表した。最も有名な「射[周鳥]三部曲」のほか、「連城訣」「笑傲江湖」など生涯で15作品を送り出し、72年に連載終了した「鹿鼎記」が小説としては最後の作品となっている。

金庸氏の作品と言えば、その多くが繰り返し映像化されてきたことでもよく知られる。最多となるのが「射[周鳥]三部曲」で、その第1部「射[周鳥]英雄伝」は58年から現在までの間に、映画6本とドラマ10本が製作されている。金庸氏の作品から誕生した人気スターも数多く、俳優アンディ・ラウ(劉徳華)やトニー・レオン(梁朝偉)はドラマ作品をきっかけに、人気が香港から中華圏へと拡大。女優マギー・チャン(張曼玉)やリウ・イーフェイ(劉亦菲)、俳優ルイス・クー(古天楽)など数々のスターを生み出している。(翻訳・編集/Mathilda

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

<コラム>日本は今のところ悪役になっていません!日本では考えられない中国ドラマのジャンル

日本では従来、香港・台湾作品しか知られていなかったのだが、近年、BSやCS放送を中心に中国産のドラマがいくつかラインナップされ、徐々に視聴する方が増えてきた。それでもまだ韓国ドラマの流行に比較するとマイナーである。写真は筆者提供。

岩田宇伯
2018年8月19日 8時30分
続きを読む

ランキング