中国人観光客が日本で使う額は韓国の2倍、旅行の満足度でも上回る―中国メディア

配信日時:2018年11月1日(木) 6時10分
中国人観光客が日本で使う額は韓国の2倍、旅行の満足度でも上回る
画像ID  1037900
中国人観光客が日本で使う額は韓国の2倍に上ることが分かった。写真は銀座。
2018年10月30日、新京報によると、中国旅游研究院は29日、「日中韓旅行ビッグデータ報告書(2018年版)」を発表した。

17年における3カ国の海外旅行者は1億600万人で、世界全体の海外旅行者の8%を占めた。アウトバウンド消費は3342億ドル、インバウンド収入は1774億ドルで、3カ国全体で海外旅行が依然成長傾向にあることが明らかとなった。

報告書は、中国人旅行者に関して、日本と韓国を旅行するピークは旧正月、夏休み、国慶節(建国記念日)などとなっており、大型連休の期間中に集中していると指摘。

中国の個人旅行者の韓国における1人当たり消費額は5000-8000元(約8万-13万円)が最も多いが、日本における消費額は1-2万元(約16-32万円)が最も多く、大部分の中国人旅行者は日本で使う額が韓国の2倍に上ることが明らかになっている。

中国人にとって韓国は日本旅行よりも割安に旅行できるが、満足度では日本旅行の方が高いという。17年の中国人旅行者の海外旅行に関する平均満足度は76.04。日本は78.39で、韓国の76.95を上回るという結果だった。(翻訳・編集/岡田)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事