中国のシェアサイクル大手、日本から半年で撤退―中国メディア

配信日時:2018年10月31日(水) 12時0分
中国のシェアサイクル大手、日本から半年で撤退―中国メディア
画像ID  1037899
中国のシェアサイクル大手・ofoが、進出してわずか半年余りの日本から撤退することが明らかになった。資料写真。
2018年10月30日、環球網によると、中国のシェアサイクル大手・ofoが、進出してわずか半年余りの日本から撤退することが明らかになった。

サービスを開始した和歌山市の関係責任者によると、10月31日をもってサービスを停止する内容の正式な文書がofoから届いたという。同市でのサービスはたった7カ月だった。他にも滋賀県大津市や福岡県北九州市でも撤退の連絡があったという。

本国の中国市場では競争が激化している上、社会問題化した放置自転車の問題への対応でコストがかさみ、ofoの経営能力は低下していると報じられていた。また、日本だけでなく、インドやイスラエル、オーストラリア、ドイツなど海外市場から次々に撤退しているという。

記事は、「米国では大幅なリストラも断行しており、8月には韓国からも撤退し、中国国内の市場に専念することが報じられていた」と伝えた。(翻訳・編集/岡田)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 5

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • sya***** | (2018/11/03 13:06)

    テレビで大々的に進出ニュースを見ていた。しかも、中国発案のビジネスモデルとえらく得意げであったが、うまくいくのかな?と思っていた。 日本では何事も最低3年は辛抱しないと結果は判断できないと言われ続けている。わずか半年で撤退とは中国ではそういう常識はないのだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ロビタ***** | (2018/11/01 12:05)

    中国と起源なんて争うつもりも無いが、貸し自転車なんて日本には遥か昔から有る。 日本人は個人の物を大切にするから皆と一緒なんて屈辱なのです。 日本人にとって自転車は安い物なので、古くなったら即捨ててしまうだから日本全国の自治体は、捨てられている自転車を市民に低価格で販売したり、その自転車を最寄り駅に置き貸し自転車として恐ろしく安く提供している。 日本で定着させるなら、何処かの有名コンビニと提携しない限り人気にはならない。 ※日本人はサドルが濡れただけでもう、その自転車には乗りたくも無くなる。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • Ken***** | (2018/11/01 09:08)

    最低何年事業継続するとか、そういう契約は市とは結んだのかな。 違約金みたいなのは発生したのかな。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事