台風でサイパンに足止め、アシアナ航空の対応に韓国国内で不満の声「中国人を多く乗せた」―中国メディア

配信日時:2018年10月30日(火) 15時20分
台風でサイパンに足止め、アシアナ航空の対応に韓国国内で不満の声
画像ID  1037784
30日、中国メディアの環球網によると、猛烈な台風26号でサイパンの空港が閉鎖され孤立していた韓国人旅行客が続々と帰国する中、韓国アシアナ航空の対応に韓国国内で不満の声が上がっているという。写真はアシアナ航空機。
2018年10月30日、中国メディアの環球網によると、猛烈な台風26号でサイパンの空港が閉鎖され孤立していた韓国人旅行客が続々と帰国する中、韓国アシアナ航空の対応に韓国国内で不満の声が上がっているという。

韓国・亜洲経済の報道を引用して伝えたもので、サイパンでは中国人と韓国人それぞれ約1600人を含む多くの外国人旅行客が帰国できず足止めされた。

韓国人旅行客が帰国するための手段は、韓国政府が手配した軍輸送機でサイパンからグアムに移動するか、購入済みの航空券で順次搭乗するか、当日空港で航空券を購入して順次搭乗するかの三つだったという。

そうした中、閉鎖されていたサイパン国際空港が28日、民間の航空会社に開放されたことを受け、アシアナ航空は同日午前、乗客258人を乗せて同空港を出発し、同日夜に仁川空港に到着した。

だが乗客258人のうち、韓国人が93人であったのに対し中国人は152人であったことから、韓国国内では「なぜ韓国人をもっと多く乗せないのか」と疑問の声が上がったという。

これに対し、アシアナ航空は「現地の通信事情が悪く、韓国人旅行客の多くがアシアナ機がサイパン空港に到着したことを知らなかった。すでに韓国軍の輸送機でサイパンを離れグアムに向かった旅行客もいた。当時、すべての韓国人旅行客が搭乗手続きを終えた後も座席が残っていたため、空港にいた他の国の旅行客も乗せた」と説明したという。

亜洲経済は「中国政府は、自国民の救出において少しもあいまいな所がなかった」と指摘。現地に足止めされていた中国人旅行客約1600人は、サイパン国際空港の運用再開後に最初に到着した国際便となった中国四川航空の3U8648便や、東方航空、首都航空などの便で順次、無事帰国の途についたことを伝えている。(翻訳・編集/柳川)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事