高まる中国の「聖地巡礼」ニーズ、漫画アニメ以外へ―中国メディア

配信日時:2018年11月4日(日) 1時0分
高まる中国の「聖地巡礼」ニーズ、漫画アニメ以外へ
画像ID  1038102
聖地巡礼とは漫画やアニメのファンが作品のモデルになった場所を旅行することを指した。若い消費者が旅行市場の中心になるのにともない、聖地巡礼は今や少数派のニッチな行動ではなくなった。資料写真。
「聖地巡礼」とは、アニメ、漫画、ゲーム、小説(ACGN)の文化圏で発生した言葉で、最初は漫画やアニメのファンが作品のモデルになった場所を旅行することを指した。90後(1990年代生まれ)の消費者が旅行市場の中心になるのにともない、「聖地巡礼」は今や少数派のニッチな行動ではなくなった。旅行情報サイト・馬蜂窩旅遊網がこのほど発表した「聖地巡礼:グローバル旅行ユーザーの新しい行動分析報告」によると、2018年上半期には、馬蜂窩プラットフォームでのキーワード「聖地巡礼」への注目度は前年同期比313%上昇し、90後の60%以上が「『聖地巡礼』をしたことがある」とし、47%は「何度も『聖地巡礼』をしたことがある」ことがわかった。国際商報が伝えた。

「聖地巡礼」はすでにコンテンツ旅行、カルチャー旅行の新興スタイルであり、若い人々の間でますますニーズの高まりをみせる。馬蜂窩が23日に北京で発表した「聖地巡礼」計画では、「聖地巡礼」に狙いを定めた「聖地巡礼チャンネル」も同日開通したという。

馬蜂窩の共同創始者で最高経営責任者(CEO)の陳●(チェン・ガン、よんがしらの下に正)氏は、「今や『聖地巡礼』の概念は漫画・アニメの世界にとどまることなく、映画、バラエティー、文学、スポーツなど幅広いコンテンツの世界へ広がりをみせる。このたびの『聖地巡礼』計画の狙いは、若い旅行者の3つの悩みを解消することで、情報の取得が難しいという悩み、決定に時間がかかるという悩み、観光消費が充実していないという悩みの解消を目指す。どの『聖地巡礼』にも多くの時間と精力がつぎ込まれているが、情報取得が最初のカベになる。インターネットには断片的な情報があふれ、質の高いコンテンツはまだまだ不足している」と話す。(提供/人民網日本語版・編集/KS)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事