韓国の伝統相撲、世界遺産に登録か―中国メディア

Record China    2018年10月30日(火) 13時0分

拡大

29日、海外網によると、韓国と北朝鮮は伝統格闘技「シルム」をユネスコ世界遺産に申請したが、その登録が決まる可能性が高い見通しだという。写真はユネスコ本部。

2018年10月29日、海外網によると、韓国北朝鮮は伝統格闘技「シルム」をユネスコ世界遺産に申請したが、その登録が決まる可能性が高い見通しだという。

シルムは「朝鮮相撲」や「韓国相撲」と呼ばれることもある格闘技で、無形文化遺産として申請された。登録は12月ごろに決まるが、韓国・聯合ニュースは「ほぼ確定」と伝えている。

南北で別々に登録されるのか、それとも合同で登録されるのかはいまだ分からないが、シルムの登録が決まれば韓国にとっては20件目の無形文化遺産となる。

韓国では、宗廟祭礼祭や江陵端午祭、伝統民俗芸能のパンソリやカンガンスルレ、農楽、食文化のキムチ、済州の海女文化など、これまで19件が登録されている。

シルムは、韓国では131件目の国の重要無形文化財として登録されている。土俵はなく、組み合った状態から投げ合う格闘技で、祭りなどで行われることが多いという。(翻訳・編集/岡田)

この記事のコメントを見る

コロナ休業で卸先が……その商品、レコードチャイナで販売しませんか?
あなたに代わって在日外国人コミュニティーにセールス致します!
詳しくはこちら

関連記事



   

社会 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携