ポーランドのテレビ番組が物議、「台湾独立」をアピール―中国メディア

配信日時:2018年10月30日(火) 13時30分
ポーランドのテレビ番組が物議、「台湾独立」をアピール―中国メディア
画像ID  1037712
29日、中国メディアの海外網は、ポーランドのテレビ番組が「台湾独立」をアピールする内容を放送し、台湾で物議を醸していると報じた。写真は中国福建省アモイ市の「中国統一」スローガン。
2018年10月29日、中国メディアの海外網は、ポーランドのテレビ番組が「台湾独立」をアピールする内容を放送し、台湾で物議を醸していると報じた。

記事によると、問題になっているのは、ポーランドの「Idź Pod Prąd TV」がこのほど放送した番組。番組内では、ポーランド人女性が中国語で「私たちポーランド人は台湾が独立できることを望んでいる。中国にノー、台湾にイエスと言おう」と話すと、それに続いて司会者が「ポーランドはこれまで多くの国の独立のために努力してきた。ポーランドは台湾が大陸に対抗することを支持する」と話し、英語で「Make China lose again」と書かれた帽子をかぶるなどした。さらに番組の最後で、8人のポーランド人が英語で「Say NO to China Say YES to Taiwan」と書かれたボードを掲げたという。

記事は「台湾のSNS上では、ポーランドのテレビ局の突然の行動に驚きや怒り、理解できないなどの声が寄せられている」と紹介。その上で、中国で台湾政策を担当する国務院台湾事務弁公室の馬暁光(マー・シャオグアン)報道官が今月、台湾の「公民投票法」改正をめぐる動きについて、「『台独』は『袋小路』であり、台湾民衆を災難の深い淵に連れ込むだけだ」とし、「大陸と台湾は一つの中国に属し、台湾は中国の不可分の一部だ。台湾はこれまで国であったことはなく、これからも国にはなり得ない」と述べたことを伝えた。(翻訳・編集/柳川)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • mor***** | (2018/10/30 23:41)

    「台湾はこれまで国であったことはなく」に対し 「中国はこれまで大国らしく振舞ったことはなく」と返そう。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2018/10/30 16:06)

    >台湾は中国の不可分の一部だ。台湾はこれまで国であったことはなく、これからも国にはなり得ない 確かに台湾が独立国だったことはないが、日清戦争の終結時に中国は日本に台湾を譲渡しているため『中国の不可分の一部』と言う主張は成り立たないはずだ。国際裁判所に提訴しても、歴史上の事実を持ち出されたら、また『こんな判決は〈紙くず〉だ』と激怒することになるだろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • law***** | (2018/10/30 15:16)

    千年の暗雲を取り除く一つの明かり、そして長年続いた患いを取り除く一つの法則。ルソー曰く、国際政治上に生じたジレンマの解決は、先ず政府の体制を改革する事である、と・・・また、民主主義の体制により生じる弊害に対する療法は更に多くの民主主義を実現させる事だと言う。従って「永久平和憲章」が台湾を救う手段となり、また是より更に良い処方箋は見当たらない。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事