鳩山由紀夫氏「日本は一帯一路により完全な協力姿勢を示すべき」、中国紙の独占インタビューで語る

配信日時:2018年10月30日(火) 12時30分
鳩山由紀夫氏「日本は一帯一路に…」、中国紙の独占インタビューで語る
画像ID  1037695
30日、環球時報は、鳩山由紀夫元首相が「『一帯一路』構想に対し、日本はもっと完全な協力姿勢を見せるべき」として、アジアインフラ投資銀行への早期加入を呼び掛けたことを報じた。
2018年10月30日、中国紙・環球時報は、鳩山由紀夫元首相が「『一帯一路』構想に対し、日本はもっと完全な協力姿勢を見せるべき」として、アジアインフラ投資銀行(AIIB)への早期加入を呼び掛けたことを報じた。

鳩山元首相は29日、香港で開かれたシンポジウムに出席した際に環球時報の独占インタビューを受け、「日本が『一帯一路』に積極的になったのは間違いない。実際、日本の大企業は中国と協力したがっている。安倍首相は『中国脅威論』の影響の下で『一帯一路』に消極的な姿勢を示してきた。今回の変化は企業による後押しの結果かもしれない」と語った。

その一方で「日本はまだ完全な協力姿勢を見せていない。もし日本政府が全身全霊で『一帯一路』協力に臨む意思があるなら、直ちにアジアインフラ投資銀行(AIIB)に加入すべきだ」と述べた。

また、日本がAIIBへの参加に難色を示している背景については「まず、米国の影響があることは間違いない。そして、財務省はAIIBが中国の決定に偏向し、不公平な現象が起きることを憂慮している。前にAIIBの金立群(ジン・リーチュン)総裁にこの話をした時、彼は日本がこの問題に執着している限り、永遠に加入できないだろうと語っていた」とした。

さらに、記者から「もしトランプ米大統領があなたの前に座っていたら、何を話すか」との質問を受けた鳩山元首相は笑いながら「そんな機会はないと思うが、もし会ったら貿易紛争についてもっと有効な方法を提案して摩擦を避けたい。東アジア周辺各国が自由貿易を進めるとともに、グローバル化と民族主義の適切な中間点を取り、各国の経済関係を推進する方が、より世界の平和にとってメリットがあると思う」と語っている。(翻訳・編集/川尻
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 6

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アメポ***** | (2018/10/31 02:13)

    日本が一帯一路の主導権の半分でも握れるんならまだ悪くない話かも知れんけどね。 実際は日本の稚拙な外交力で下手に関わると、飲み込まれて骨の髄までしゃぶられるのがオチだよ。 それに一帯一路に於いて、金を貸し付けては返せないとなると港の権利を持っていくなど、中国のやり方は高利貸しのそれだ。「借りる方が悪い」という者もいるかも知れないが、そんなのは「金貸しの理論」に過ぎない。 それに、不透明な中国経済に迂闊に近づくなら、もしそれが沈む時には大きな余波を食らって一緒に引きずり込まれる事になる。 まあ、このオッサンが口を出すまでもなく、経団連にそそのかされてる安倍政権は一帯一路に関わる気満々だけどな。 もし仮に「共に儲けましょう」という中国の甘言に乗せられてるとするなら、中国と共に日本の「汚名」がアジアに轟く事になる。 どうせ最終的に割りを食うのは政治屋でもなく経団連でもない一般国民になるだろうけど。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 心配性***** | (2018/10/31 00:52)

    こんなやつが政権を握っていなくて本当に良かった。かつての民主党政権は日本の汚点でしかなかったね。平気で日本を中国に売り渡されるところだった。何の責任も果たせなかった口だけ男の言うたわごとなど聞いてられません。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2018/10/30 16:19)

    >財務省はAIIBが中国の決定に偏向し、不公平な現象が起きることを憂慮している もし日本がAIIBに加入すれば、いずれ不良債権を抱かえてAIIBが破綻したとき『すべて日本の責任である。出資額の払い戻しは日本に請求すべきである。これは国際社会が認めていることだ』と言われるはずである。出資金詐欺グループには、組織が破綻したとき、責任を負って自殺する人物が最初から用意されている。お飾りの影武者を社長にして、本当の黒幕は表に出ないものである。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事