米中貿易戦争、中国進出米国企業の7割超が中国からの撤退を計画―米メディア

配信日時:2018年10月30日(火) 10時20分
米中貿易戦争、中国進出米国企業の7割超が中国からの撤退を計画
画像ID  1037691
29日、米自由アジア放送(RFA)の中国語版サイトは、「中国進出米国企業の7割超が中国からの撤退を計画している」とする記事を掲載した。資料写真。
2018年10月29日、米自由アジア放送(RFA)の中国語版サイトは、「中国進出米国企業の7割超が中国からの撤退を計画している」とする記事を掲載した。

記事は、「米国と中国の貿易対立の激化に直面し、ますます多くの米国企業が中国での事業に困難を感じているようだ」とした上で、ロイター通信の29日付の報道を引用し、中国の南部で事業を展開する米国企業の7割超が、米中貿易戦争が利益に悪影響を及ぼしていることを理由に、さらなる投資を延期または中止するか、製造業務の全部または一部を他国に移すことを検討していることが、在中国南部米国商工会議所(The American Chamber of Commerce in South China)の調査で分かったと報じた。

219社(うち3分の1が製造業)を対象にした調査結果によると、調査対象企業のほぼ半数が、行政による監視の強化や通関の遅れを含む中国側の非関税障壁が日増しに広範化しているとも述べている。ロイター通信は、調査結果について「輸出に依存している中国の都市と省が米中貿易戦争の下で困難に直面しているという新たな証拠を提供している」と報じている。(翻訳・編集/柳川)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事