韓国のSNSで流行中の“空ショット”、「動物虐待」と物議醸す

Record China    2018年10月31日(水) 21時10分

拡大

29日、韓国メディア・韓国日報は、SNSユーザーの間で最近、青い空を背景に飼っているペットを放り上げて撮った写真「空ショット」を公開することが流行し、これに対して「動物虐待だ」との指摘が相次いでいると報じた。資料写真。

2018年10月29日、韓国メディア・韓国日報は、韓国のSNSユーザーの間で最近、青い空を背景に、飼っているペットを放り上げて撮った写真「空ショット」が流行しており、これに対して「動物虐待だ」との指摘も相次いでいると報じた。

記事によると、韓国のインスタグラムには「空ショット」というハッシュタグの写真が2万1000件以上、投稿されている。写真の中の空に放り上げられているイヌやネコはこわばっているように見える。

こうした写真の掲載が人気を集める中、愛犬家・愛猫家らは「ペットを空に向けて投げる行為は、彼らに極度の恐怖を与える」「撮影時にけがをさせる恐れがある」などと指摘し、反対運動を展開しているという。インスタグラムで100万人以上のフォロワーを持つスター犬の飼い主も、「ペットは物ではありません」と反対の立場を示しているという。

韓国のネットユーザーからも「本当に動物虐待だ」「投げるなんて考えたこともない。地面に下ろす時だって慎重に下ろすくらいなのに」「こんな写真を撮る人たちは、ペットをアクセサリーみたいに思っているんだろうな。投げられたイヌたちはみんなおびえた顔をしている」「おもちゃじゃないんだぞ。飼うな」「ネットで人気を集めたいがために、抵抗しないイヌたちを空に投げるなどという虐待はやめるべきだ」「流行の空ショットは虐待だ。やりたければ合成写真を作るべき」など批判の声が上がっている。(翻訳・編集/麻江)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

アジアの雑貨をお手頃価格で!ショッピングサイト「ANOMADO」オープン詳しくはこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携