【募集中】韓国語社内スタッフ

日本は過去を乗り越える勇気と知恵を持つ時―中国紙

配信日時:2018年10月29日(月) 12時40分
日本は過去を乗り越える勇気と知恵を持つ時―中国紙
画像ID  1037418
28日、環球時報は、今後の日中関係改善のために日本が行うべきことについて分析する記事を掲載した。資料写真。
2018年10月28日、環球時報は、中国社会科学院日本所の研究者である呉懐中(ウー・ホワイジョン)氏による投稿記事を掲載した。

呉氏は、25日から27日まで安倍首相が訪中するなど、日中関係の改善が進んでおり、日本側も「日中関係を新たな段階、新時代へと引き上げたい」との意向を示していることに触れた上で、「関係を発展させるにはその名にたがわぬ行動が必要」と主張した。

そして、「日本はこれまで、戦略的互恵関係において『互恵』を得ることを求めてきたが、『戦略的に相互信頼すること』は重視しない姿勢だった。しかし、日中関係の方向性を再び失うことのないようにするため、日本は2つの戦略的問題を考慮する必要がある」としている。

同氏はその一つ目として「日本は対中政戦略と政策の調整を『トランプショック』の副産物とすべきではない」と指摘。「アメリカファーストを掲げるトランプ政権は日本に緊張をもたらしているが、日本はトランプ政権に対する落胆によって、日中関係を緊急避難的なBプランとしてはいないか。または米国に対する挫折感が、日中関係を戦術的に回復させようとしているだけなのか。日本の核心的な経済と安全の脆弱(ぜいじゃく)性が明らかになる中で、勇気と知恵によって米国をまずサポートするという過去のモデルを乗り越え、地域の協力建設を模索する中でさらに独立し、バランスのとれた作用を求めることができるのかと自問すべきだ」と論じた。

もう一つについては「日本は中国に対する認識と戦略的な位置に対する誤った見方を変えることができるかどうか」と指摘。記事は、「日本の多くの政治エリートは、中国の台頭が東アジアの地政学の構図を根本から変更し、日本の安全と利益にマイナスの影響をもたらすと考えている。そのため、日本は受け入れることができず中国をけん制している」と分析した。

そして「このために日本人の中国に対する親近感は低いレベルのままで、書店では中国脅威論に関する本がよく売れている状況だ。今後も日本の対中戦略において、疑念が信頼を上回ることが予想される。この面で改善できないなら、日中間の構造的な問題とナイーブな問題について、扱い方が少し不適切になるだけで緊張や摩擦が発生しかねない」とした。

一方で、「どんな外交関係も相互の作用と影響による結果である。日中関係の改善という過程において、中国側も新たなシグナルを発信し続ける必要がある。例えば、双方のハイレベル協議において日中関係改善に対する確固とした立場を示すことや、日本が重視する国の目標において共通の認識に達し、中国台頭のための周辺環境を整えることなどだ」と指摘。日本人の対中感情が改善しない点についても、「中国は安全、経済、文明関係、信頼等の面で、魅力あるイメージを形作る努力をする必要がある」と論じた。(翻訳・編集/山中)
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 5

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ロビタ***** | (2018/11/01 12:44)

    問題はただ一つ、中国政府のトップが動くか、まだ中国政府の一部にひぎずられてしまうのかという事だけ。 日本政府は戦後から考え方を変えている。 また日本国民も実は、中国政府が考えても居ない程中国の発展に協力的だ。 日本人は働いて得ている収入は未だに中国より多い。 だが日本人が手にする額は本来の報酬の半分に過ぎない。 日本では収入の半分が、保険や年金、税金で抜かれているのだ。 つまり国に納められた税金こそが、中国の発展を後押しした事に使われている。 中国政府の一部の思い込みで、日本人が中国を見下しているとか、中国の目覚しい発展を無視している等と言うが、本当にそれらは思い込みに過ぎない。 それが分かるのが中国国民が日本に何度も旅行してくれる事。 日本国内に反中なんて何所にも無く、今では仕事でも友人関係に成っている。 日本政府も国民も中国との本当の意味での友好を望んでいる。
    このコメントは非表示に設定されています。
    20 4
  • ユパミ***** | (2018/10/29 19:57)

    正直中国を100%信用できる国だとは思えない 勿論最初からそうだった訳じゃない 日中友好条約が締結された時は日本からは 最大限の援助をして共にアジアの安定と経済発展を目指した 勿論そこに100%の親切心だけとは 言えないが(将来の日本の利権を中国に求めた側面も多分に有ったと思う)技術的な協力も沢山したし中国の国民は知らないだろうがODAで金銭的な援助(損害賠償的な側面も有ったと思う)もした そして民間も沢山投資したが 中にはある程度仕事が解ると一方的に共同経営をご破算にし 乗っ取るような事もあったろう 少しづつ不信感を持ち 油断できないから信用できないになっていった 急に不信感を持った訳じゃない 尖閣諸島やその他の岩礁占拠等経済的に豊かになると覇権主義が表に出てきた それを急に日本に信用しろは虫が良すぎ おそらく日本はもう永久に100%信用するという事はないと思う
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2018/10/29 18:00)

    >勇気と知恵によって米国をまずサポートするという過去のモデルを乗り越え 日本が〈米国一辺倒〉の経済政策を改善するにしても、いきなり米国と貿易戦争をしている中国と組むのは考えが浅すぎる。米国を刺激しない安全な国との協調が適当ではないか。中国とは貿易戦争が終結してから考えても遅くないはずだ。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事