日本の汚水処理場はいかにして水をきれいにしているか―中国メディア

配信日時:2018年10月30日(火) 23時0分
日本の汚水処理場はいかにして水をきれいにしているか―中国メディア
画像ID  1037400
28日、新華網は、日本の汚水処理場について紹介した。資料写真。
2018年10月28日、新華網は、日本の汚水処理場について紹介した。

記事は、神戸市東灘処理場について紹介。「汚水処理場は通常、処理後の汚水を排出し、汚泥を焼却して埋めて処理する。しかし、この処理場では天然ガスを産出できるだけでなく、汚泥からリンを取り出し、ごみの中から資源を取り出して資源の『地産地消』を実現している」とした。

そして、「神戸市東灘処理場には高さ30メートル、容量1万立方メートルのタンクが三つある。汚水の汚泥は沈殿処理した後、このタンクの中に入れられる。間伐材や食品工場の廃棄物などのバイオマス材料と一緒に発酵させることで、メタンを60%含む気体を発生させることができる。精錬設備で精製すると、この気体のメタン含有量は98%に達し、天然ガス基準に達する」と紹介した。

記者は、「エレベーターに乗ってビル10階に相当するタンク頂上に上り、頂上からタンク内部を見たが、ぐつぐつと泡を立てており、中も外も異臭はしなかった」と述べている。

記事は、神戸市建設局下水道部の説明として、「神戸市の汚水処理場が産出する天然ガスの約半分は発電に使用しており、約16%はこの汚水処理場が使用しているという。残りは都市ガスや天然ガス車に使用している。東灘処理場内にはガススタンドがあり、神戸市の一部の天然ガスバスの燃料として提供しているという」などと説明。

また、「東灘処理場では天然ガスのほかに、汚泥からリンも取り出している。発酵後の汚泥に水酸化マグネシウムを加え、その後分離器と乾燥設備等の設備を通してリン酸アンモニウムマグネシウムを分離回収し、再生リンを含む肥料を作りだす」と解説した。

記事は、「日本では毎年約55万トンのリンを輸入しているが、汚泥を全て利用すれば輸入総量の約10%のリンを作り出すことができるという。17年に神戸市は計3600トンの再生リン肥料を販売した。関連部門は、15年から市民がこれらの肥料を使用して栽培したとうもろこしを収穫するイベントを毎年企画しているそうだ」と伝えた。(翻訳・編集/山中)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事