Record China

ヘッドライン:

韓国人「われわれがやったのではない」、凶悪事件は「朝鮮族の中国人」の仕業にしたがる風潮―韓国メディア

配信日時:2018年10月29日(月) 16時50分
拡大
28日、海外網は、韓国ネットユーザーの間で、韓国で発生した凶悪事件はいずれも朝鮮族の中国人によるものとする風潮が起きていると報じた。写真はソウル。

2018年10月28日、海外網は、韓国ネットユーザーの間で、韓国で発生した凶悪事件はいずれも朝鮮族の中国人によるものとする風潮が起きていると報じた。

記事は、韓国メディア・亜洲経済の報道を引用。今月14日にソウル市内のインターネットカフェで、被害者が30カ所余りを刃物で刺される凶悪な殺人事件が発生した。その際、同国のネット上では「犯人は朝鮮族の中国人」という情報が拡散。一方で警察当局は22日、29歳の容疑者について「本人およびその両親はいずれも韓国籍」と発表し、ネット上の情報を否定した。にもかかわらず、ネット上では依然として容疑者の身分証明や出生地の公開を求める声が後を絶たないという。

アナリストによると、韓国社会では朝鮮族の中国人に対する偏見が根強く、その犯罪率が高いと認識されているとのこと。しかし、韓国の刑事政策研究院が2017年に発表した統計では、15年現在、10万人当たりの犯罪率で韓国人が3369人なのに対し、中国人は1858人と、韓国人の犯罪率の方が明らかに高いようだ。

記事は、偏見に苦しむ韓国在住の朝鮮族中国人たちの声を紹介。韓国の社会評論家は「毎回、残忍な事件が起こるたびに、韓国人は本能的に『われわれがやったのではない』と考え、原因を外部に帰結する傾向がある。同胞でありながら韓国人ではないという特殊な地位により、朝鮮族の中国人が韓国人の嫌悪の対象や仮想敵になりやすくなっている」と指摘しているという。(翻訳・編集/川尻

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

中国朝鮮族を犯罪集団扱い?韓国映画の描写めぐり制作陣に謝罪要求=韓国ネットに同胞擁護の声は見当たらず

28日、韓国で上映されているアクションコメディー映画「青年警察」で中国朝鮮族が犯罪集団のように歪曲(わいきょく)して描かれているとして、韓国内の中国朝鮮族団体が同作の上映中断と制作陣の謝罪を要求した。写真は韓国にある中華街。

Record China
2017年8月30日 9時0分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング