FC東京でキャプテン務める韓国代表選手、兵役免除申請に虚偽=1カ月間の代表戦出場停止処分に―中国メディア

配信日時:2018年10月29日(月) 11時20分
FC東京でキャプテン務める韓国代表選手、兵役免除申請に虚偽=代表戦出場停止に
画像ID  1037379
29日、騰訊体育は、FC東京に所属する韓国代表DF張賢秀(チャン・ヒョンス)が、兵役免除申請の文書で虚偽報告を行い、韓国代表として1カ月間の試合出場停止処分を科せられたと報じた。写真は韓国兵士。
2018年10月29日、騰訊体育は、FC東京に所属する韓国代表DF張賢秀(チャン・ヒョンス)が、兵役免除申請の文書で虚偽報告を行い、韓国代表として1カ月間の試合出場停止処分を科せられたと報じた。

張は、2014年に韓国代表としてアジア大会で優勝したことで兵役免除資格を取得。韓国の兵役法に基づき、張には兵役免除の代わりに60日間の軍事訓練への参加と、34カ月544時間にわたりスポーツに関係する社会奉仕を行うことが課せられた。

記事によると、張が先日、大韓サッカー協会に提出した資料で「昨年12月に196時間の社会奉仕を実施した」と報告した。しかし、社会奉仕を行ったとされる日は大雪により屋外スポーツができない状況だったが、同日に撮影したとして提出された写真では全く雪が積もっていなかった。

これを受け、同協会は張に対して韓国代表として1カ月の試合出場停止処分を科し、来月のオーストラリア、ウズベキスタンとの強化試合を控えた韓国代表強化合宿メンバーから外されることになった。張は処分に対して謝罪するとともに「後悔している。リーグ戦終了後、真剣に社会奉仕活動を全うする」とのコメントを出しているという。

張は27歳で、大学卒業後の12年にFC東京に加入。14~17年には中国の広州富力に所属したが、17年シーズン途中でFC東京に復帰、現在はキャプテンも務めている。13年から韓国代表に選出されており、昨年副キャプテンに就任していた。(翻訳・編集/川尻
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事