Record China

ヘッドライン:

安倍首相が中国の新年に「異例」の対応、中国ネットから「ありがとう」の声

配信日時:2019年1月31日(木) 17時0分
拡大
31日、春節に合わせた安倍晋三首相のビデオメッセージを中国側に送る方向で両政府が調整を進めているとの報道に、中国のネットユーザーが反応を示している。写真は安倍首相訪中時の北京。

2019年1月31日、春節(旧正月。今年は2月5日)に合わせた安倍晋三首相のビデオメッセージを中国側に送る方向で両政府が調整を進めているとの報道に、中国のネットユーザーが反応を示している。

同日付の海外網は日本メディアの報道として、「安倍首相は動画形式で中国に春節の祝賀メッセージを寄せるもよう」と説明。日本メディアが「祝賀文の寄稿はあったが、ビデオメッセージは異例」と報じたことを伝え、昨年10月に安倍首相が日本の首相として7年ぶりに中国を公式訪問したこと、専門家から「平和友好条約締結40周年の年における安倍氏の訪中は両国の経済協力を促進させ、中日関係を発展に向かわせた」との声が聞かれたことを指摘した。

これに対し、中国のネットユーザーからは「中国と日本は友達にならなければ」「いろいろあるとしても、ここは『ありがとう』と言うべき」「米国との関係が悪い時、中日関係は良くなる」などのコメントが寄せられている。(翻訳・編集/野谷

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング