アンディ・ラウ最新作「盲探」で視覚障害者、野次馬に動じない俳優魂―香港

配信日時:2012年10月22日(月) 14時51分
アンディ・ラウ最新作「盲探」で視覚障害者、野次馬に動じない俳優魂―香港
画像ID  352482
20日、香港の俳優アンディ・ラウが視覚障害者を演じる最新作「盲探」で、繁華街でのロケが行われた。
2012年10月20日、香港の俳優アンディ・ラウ(劉徳華)が視覚障害者を演じる最新作「盲探」で、繁華街でのロケが行われた。網易娯楽網が伝えた。

その他の写真

アンディ・ラウとサミー・チェン(鄭秀文)が共演するのは、ジョニー・トー(杜[王其]峰)監督の「盲探」。アンディとサミーがタッグを組む映画は、これで7作目。過去6作品はいずれもヒットを叩き出し、香港映画界の“黄金コンビ”と言われる2人だ。

同作でアンディは、視覚障害者を演じている。このほど香港の繁華街で行われたロケでは、アンディがつえを持った姿で登場。通行人がアンディの姿にすぐ気付き、周囲は人がごった返す騒ぎになったが、アンディは撮影開始とともに俳優の顔に。演技とは思えないほど巧みにつえを操り、周囲の目に動じず歩く姿が、集まって見ていた観衆を驚かせていた。

同作でアンディは元探偵役を、サミーは彼の協力を得て銀行での大金強奪事件に挑む女性警官を演じている。来年上映の予定だが、具体的な時期は未定だ。(翻訳・編集/Mathilda
最新ニュースはこちら

SNS話題記事