Record China

ヘッドライン:

<尖閣問題>それでも日本車買えますか?25%が「不安」と回答―中国

配信日時:2012年10月20日(土) 17時21分
拡大
19日、重慶晨報は記事「日本車、買えますか?4分の1が安全感がないと調査に回答」を掲載した。写真は10日、「中国一の慈善家」陳光標氏が反日デモで自動車を壊された被害者に中国国産車をプレゼントした。
(1/8枚)

2012年10月19日、重慶晨報は記事「日本車、買えますか?4分の1が安全感がないと調査に回答」を掲載した。

その他の写真

中国自動車工業協会発表の9月期自動車販売台数によると、日本車は前年同月比マイナス40%という大きな落ち込みを見せている。尖閣問題と反日デモにおける日本車の破壊は消費者の心理にどのような影響を与えたのだろうか?

重慶晨報は北京、上海、広州、西安、重慶、成都の6都市で調査を実施した。尖閣問題が今後の日本車購入に影響があるかとの質問には約60%が「はい」と回答。不安に感じるとの回答は約4分の1。ただ、今後は日本車を購入する人が増えるだろうとの回答も63%に達している。(翻訳・編集/KT)

関連記事

反日デモで半身まひの日本車オーナー、地元公安を「不作為の罪」で訴える―陝西省西安市

11日、陝西省西安市で先月15日に起きた反日デモで、日本車を運転していて暴徒化した参加者に襲われ、頭がい骨骨折の重傷を負った男性が、デモの最中に違法行為が発生したのは西安市公安局の「不作為」だとして、同市蓮湖区法院に起訴状を提出した。写真はその反日デモ。

Record China
2012年10月11日 18時19分
続きを読む

<反日デモ>頭蓋骨骨折の被害者、警察の「不作為」責任の行政訴訟を取り下げ―中国

17日、人民網は9月15日の西安市反日デモで頭蓋骨骨折の重傷を負った李建利さんが警察の「不作為」を訴えた行政訴訟を取り下げたと報じた。李さんは50万元の賠償を求めていたが、和解金などの具体的な交渉内容については一切明かされていない。資料図。

Record China
2012年10月18日 9時39分
続きを読む

ランキング