Record China

ヘッドライン:

日本人が落し物を拾ったら…対応が中国ネットで話題=「東京に行った時…」

配信日時:2018年10月27日(土) 12時50分
拡大
26日、微博で、日本人が落し物を拾った時に「探しに戻った落とし主が見つけやすいよう置いておく」対応が話題になっている。資料写真。

2018年10月26日、中国版ツイッター微博で、日本人が落し物を拾った時に「探しに戻った落とし主が見つけやすいよう置いておく」対応が話題になっている。

微博にアップされた写真には、子ども用のダウンジャケットがガードレールの支柱に着せられていたり、眼鏡が道端の消火栓の上部を顔にみたててかけられていたり、マフラーが街中の銅像の首にかけられていたり、タヌキの置物の頭にスカーフがまかれていたりする様子が写っている。

写真を見た中国のネット利用者からは、さまざまな反応や体験談話が出ている。

「東京へ行った時、タクシーに帽子を忘れた。出てこないと思ったけれど、夜になって下車した場所のガードレールの上に載っているのを見つけた。運転手が置いてくれたんだ。気づいた瞬間、心が温かくなったよ」

「私も携帯電話を洗面所に忘れて、イヤホンは更衣室に落としたけれど、3~4時間たってもまだそこにあった」

「長崎原爆公園の母子像のそばにバッグを忘れた。車に乗った後気づいて引き返したら、まだそこに置いてあった」

「京都のスーパーで買い物した後、レジに買って持っていたコーヒーのカップを置き忘れた。レジのおばさんが走って追いかけてきてくれて、道路を渡って渡してくれた。大阪ではホテルの傘をレジにかけたまま忘れたけれど、店員の青年が走って持ってきてくれたよ」(編集・翻訳/大宮)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

なぜ日本人は落とし物をねこばばしない?=徹底した教育と人生へのダメージの大きさが関係していた―中国ネット

6日、「日本人は落とし物をねこばばしない」との論調を中国のネットで目にすることがあるが、6日に投稿されたコラムでは落とし物の対処について日本が小さいころから教育していると紹介した。写真は日本の交番。

Record China
2016年6月7日 6時10分
続きを読む

ランキング