日本人が落し物を拾ったら…対応が中国ネットで話題=「東京に行った時…」

配信日時:2018年10月27日(土) 12時50分
日本人が落し物を拾った時の対応が中国ネットで話題=体験談も
画像ID  1036883
26日、微博で、日本人が落し物を拾った時に「探しに戻った落とし主が見つけやすいよう置いておく」対応が話題になっている。資料写真。
2018年10月26日、中国版ツイッター微博で、日本人が落し物を拾った時に「探しに戻った落とし主が見つけやすいよう置いておく」対応が話題になっている。

微博にアップされた写真には、子ども用のダウンジャケットがガードレールの支柱に着せられていたり、眼鏡が道端の消火栓の上部を顔にみたててかけられていたり、マフラーが街中の銅像の首にかけられていたり、タヌキの置物の頭にスカーフがまかれていたりする様子が写っている。

写真を見た中国のネット利用者からは、さまざまな反応や体験談話が出ている。

「東京へ行った時、タクシーに帽子を忘れた。出てこないと思ったけれど、夜になって下車した場所のガードレールの上に載っているのを見つけた。運転手が置いてくれたんだ。気づいた瞬間、心が温かくなったよ」

「私も携帯電話を洗面所に忘れて、イヤホンは更衣室に落としたけれど、3~4時間たってもまだそこにあった」

「長崎原爆公園の母子像のそばにバッグを忘れた。車に乗った後気づいて引き返したら、まだそこに置いてあった」

「京都のスーパーで買い物した後、レジに買って持っていたコーヒーのカップを置き忘れた。レジのおばさんが走って追いかけてきてくれて、道路を渡って渡してくれた。大阪ではホテルの傘をレジにかけたまま忘れたけれど、店員の青年が走って持ってきてくれたよ」(編集・翻訳/大宮)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 真実の***** | (2018/10/27 16:09)

    これは日本と中国の習慣の違いではない。もっと次元のちがうものだ。 日本では見知らぬ人に対しても心をくだく。中国では他人に対して、全くの無関心だ。 これは両国が歩んだ社会の歴史に根差している。 日本は鎌倉時代以降、人々は村落共同体の地縁社会の中で暮らし、血縁に関係なくても協力し、配慮しあえる「世間」を生み出した。近代化とともに「世間」は「社会」へと成長した。 一方、中国人は大きな血縁社会(宗族)の中で暮らしてきた。人々は宗族にアイデンティティーを感じ、宗族内にはしっかりしたモラルもあったが、毛沢東は宗族を破壊したため、モラルも破壊された。もっとも、モラルは血縁社会の中でしか通用せず、他人に対して全く無関心だったのは現在と同じだ。中国には、我々が考えるような「社会」自体、初めから存在しない。 このような中国にモラルが存在しないのは当然で、仏山市の幼女ひき逃げ事件が起きた理由もそこにある。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事