安倍首相訪中、台湾が懸念「日本カード切れない」―中国紙

配信日時:2018年10月27日(土) 13時50分
安倍首相訪中、台湾が懸念「日本カード切れない」―中国紙
画像ID  1036669
26日、環球時報(電子版)によると、安倍晋三首相の中国訪問で日中友好ムードが高まっていることを受け、台湾が外交で「日本カードが切れない」ことを懸念している。
2018年10月26日、環球時報(電子版)によると、安倍晋三首相の中国訪問で日中友好ムードが高まっていることを受け、台湾が外交で「日本カードが切れない」ことを懸念している。

台湾・中国時報によると、安倍氏の訪中について、台湾外交部は25日の定例記者会見で「日本から事前連絡があった。安倍氏の帰国後も報告があると思う」と表明。「日中関係の改善は、域内の平和に寄与する」と前向きな見方を示した。

しかし、実際は台湾の胸中は穏やかでないだろう。台湾問題について、日本は一貫して1972年の日中共同声明で表明した「中華人民共和国のみを中国と認める」立場に変わりはないと主張してきた。

一方、台湾の輔仁大学の日本研究センターの専門家は「中台関係が悪化している今、中国は改めて共同声明の内容を念押しし、引き締めにかかるだろう」と予測。安倍氏は立場を変えないとみられるが「過去40年以上築いてきた日本と台湾の友好関係を傷つける可能性がある」と懸念する。

さらに、安倍氏が訪中した25日は、台湾の日本統治終了を祝う「光復節」にあたるため、「台湾が中国の一部であることを暗に認めるものではないか」と推測する声も出ている。(編集・翻訳/大宮)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事