日本の対中ODAは日中双方が受益者、中国は借款の償還で「優等生」―静岡文化芸術大名誉教授

配信日時:2018年10月27日(土) 7時20分
日本の対中ODAは日中双方が受益者―静岡文化芸術大名誉教授
画像ID  1036659
26日、環球網は「日本による対中ODAは、日中両国が受益者だった」とする、静岡文化芸術大学名誉教授で中国国際貿易学会理事の馬成三氏によるコラム記事を掲載した。
2018年10月26日、環球網は「日本による対中ODAは、日中両国が受益者だった」とする、静岡文化芸術大学名誉教授で中国国際貿易学会理事の馬成三(マー・チョンサン)氏によるコラム記事を掲載した。以下はその概要。

近ごろ、多くの日本メディアが、約40年にわたって日本政府が中国政府に提供してきた政府開発援助(ODA)の新規プロジェクト認可を2018年度で終了することを報じた。今、日本による対中ODAの役割や歴史的な評価について正しく認識することが、今後の日中関係発展にとって非常に重要だと思う。

中国の統計によると、1979年から2008年までに日本政府は中国に対して3兆3165億円の借款提供を約束し、2016年末現在で中国は実際に3兆499億円を255のプロジェクトに用いてきた。また、11年末現在で日本から1423億円の無償援助を受け、環境保護、教育、貧困対策、医療など148のプロジェクトに利用した。借款による援助額に比べてはるかに少ない日本の無償援助額だが、他の先進国による援助と比べるとやはり大きな金額なのである。

中国は改革開放初期、資金や技術の援助のほか、経済発展や対外協力、輸出分野の経験のシェアが必要だったが、日本はこの点でも大いに支援してくれた。日本政府や民間企業、研究機関が中国に対して多くの経験を伝授してくれたのだ。このほか、日本の対中ODAは当初より運輸、通信、電力などのインフラ建設に重点が遅れ、経済発展における「ボトルネック」を克服する一助となった。

また、日本による対中ODAの提供は、中国による戦争賠償の放棄と関係あるのだが、日本も支援を通じて欧米との競争で優位に立つなど、日本に巨大な経済的利益をもたらしたのである。

中国は借款の償還で「優等生」だった。2003年度以降毎年元本と利息を1000億円前後返しており、16年末現在で累計償還額は使用額の72%に当たる2兆1962億円に達した。中国政府の日本の支援を高く評価し続けており、1998年11月に署名した「日中の平和・発展に努める友好協力パートナーシップづくりに関する共同宣言」で、「中国は日本によるこれまでの経済協力に感謝を示す」との文言を明記している。

この40年間、中国は目覚ましい発展を遂げた。その中でわれわれが日本によるわが国の現代化支援を忘れないというのは、中華民族の伝統的な美徳に合致するとともに、中国人がますます自信を持っていることを示すのである。(翻訳・編集/川尻
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 赤帽子***** | (2018/10/27 19:00)

    何言ってんの?金を貸した方が利益を得るって全く理解出来ない。ならば中国から日本に同じ様に金を貸せよ。利益が有るなら。 今まで全く日本ODAを報道しなかった癖によく言うよ。自国が弱体化して初めて日本に擦り寄ってきて渋々認めただけなのは明らかでは無いか。 日本の支援を散々利用してきた癖に素直に感謝の意を表さない国家に日本人としてクソッタレ!と言わせて貰います。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • Tom***** | (2018/10/27 08:27)

    よく「日本が中国を支援したせいで」と、中国通を自称する学者さんも言ってるけど。 常識的に考えて日本がアメリカの意向抜きで、巨額なODAも、天安門事件直後の両陛下ご訪中も、決められるわけがないと思うのだが。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事