Record China

ヘッドライン:

「盗聴怖いならファーウェイ使えば」と言われたトランプ大統領、メディアに文句―米華字メディア

配信日時:2018年10月26日(金) 15時10分
拡大
25日、トランプ米大統領は、米紙ニューヨーク・タイムズが報じた「中ロによる携帯電話の盗聴問題」に対し、「常軌を逸した誤り」などと反論した。写真はトランプ大統領。

2018年10月25日、トランプ米大統領は、米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)が報じた「中ロによる携帯電話の盗聴問題」に対し、「常軌を逸した誤り」などと反論した。米華字メディア・多維新聞が伝えた。

NYTは24日、トランプ大統領が個人的に使っているアップル製携帯電話が中国、ロシアによって盗聴されていると報じた。これに対し、大統領は「いわゆるトランプ専門家が、私の携帯使用に関する長くて退屈な文章を書いた。内容は間違いだらけで訂正する時間もない」と反論。自身が使っているのは政府の電話で、持っているのは使うことが少ない政府の携帯電話だけだとした上で「報道は常軌を逸した誤り」と非難した。

大統領はその後、「米国の主流メディアが報じるフェイクニュースはひどすぎる。間違った行為を改めるよう促す」とも訴えたという。

NYTの報道をめぐっては、中国外交部の報道官が「フェイクニュース」「アップル製携帯の盗聴を心配するなら(中国の)華為(ファーウェイ)の携帯に変更してもよい」などと発言している。(翻訳・編集/野谷

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング