日本人ジャーナリスト安田さん解放、なぜ論争に?―中国メディア

配信日時:2018年10月26日(金) 12時0分
日本人ジャーナリスト解放、なぜ論争に?―中国メディア
画像ID  1036656
26日、環球時報は、フリージャーナリストの安田純平氏さん3年ぶりにシリアの武装勢力から解放され帰国したことについて、日本メディアからは歓喜の声が上がる一方で、世論からは「自業自得だ」との見方が出ていることを報じた。
2018年10月26日、環球時報は、フリージャーナリストの安田純平さんが3年ぶりにシリアの武装勢力から解放され帰国したことについて、日本メディアからは歓喜の声が上がる一方で、世論からは「自業自得だ」との見方が出ていることを報じた。

記事は、安田さんが26日にトルコから飛行機に乗り、同日夕刻に日本に到着したことを紹介。安田さんが日本メディアに対して「精神的にも肉体的にも地獄のようだった」「いつ解放されるか、はたまたいつ殺されるか分からず、入浴はおろか、24時間体を動かすことさえ許されなかった。こんな生活が少なくとも8カ月続いた」と語ったことを伝えている。

そして、44歳の安田さんが地方紙の記者を経てフリージャーナリストとなり、これまでにアフガニスタンやイラクの戦争でも戦地に赴き取材をしており、イラクでも身柄を拘束されたことがあると紹介。3年4カ月前の2015年6月に、シリア内戦の取材のためにトルコ南部から徒歩でシリア反政府勢力の拠点であるイドリブ県に入った後行方不明になったとした。

また、今回の解放劇では特に武装勢力への影響力が大きいトルコとカタールによる斡旋が功を奏し、日本政府が身代金を支払わないなかで、カタール政府が300万米ドル(約3億4000万円)の身代金を支払ったとの情報があること、河野太郎外相が24日にトルコ、カタール両国政府に対し援助に感謝を示したことを伝えた。

さらに、安田さんの家族や日本メディアが歓喜を示し、危険を冒してまで報道しようとした姿勢を英雄視する一方で、日本国内では安田さんに対して「自業自得であるうえに、政府にも迷惑をかけた」との批判が少なからず見られると指摘。一部の専門家からも「中東地域の戦乱を知りながらリスクを冒し続けた結果捕らえられた。このような行為は英雄とは言えない」との見方が出ているとしたほか、日本政府も改めてシリアなどの紛争地域に行かないよう強調したことを紹介している。(翻訳・編集/川尻
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 7

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • pik***** | (2018/10/30 09:47)

    >カタール政府が300万米ドル(約3億4000万円)の身代金を支払ったとの情報 この金は日本政府が払う事になる!!結局、日本国民が支払う事と同じである。 こんな身勝手な奴の為に「私は払いたくない」
    このコメントは非表示に設定されています。
  • S.R***** | (2018/10/26 19:37)

    安田さんが助かったのを自己責任と結びつける輩は愚の骨頂だ。 大本営発表を信じ翼賛会報道しか見ない?どんだけ世界が見えてないお笑い者(^o^)
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 真実の***** | (2018/10/26 14:31)

    これまでに人質になった日本人を見ると、戦争で親を失った子供の保護を目指した人やジャーナリスト、ジャーナリストの卵、戦場カメラマンといった人々だ。中には女性もいた。浮浪者のような人も1人いたが。 人質になるのは別にいいことではないが、戦場での日本人の行動は、強い社会的な使命感に支えられていることは間違いない。以前イラクで3人の日本人が人質になった際に、フランスのシラク大統領やアメリカのパウエル国務長官が日本人人質をたたえたのも、同じ理由だった。記事にある「英雄視」だとか「自業自得」といった理屈は、強い使命感の前では意味をなさない。自分で自分の殻を破ることができない小市民の小理屈でしかない。幕末に多く出た脱藩者も、社会的な使命感に支えられていた。 日本は、社会的使命感を持つ人々をこれまで数多く輩出してきた。そうした人々は、今の日本社会を普通に支えていることも理解すべきだろう。 (下へ)
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事