Record China

ヘッドライン:

中国がトランプ大統領の携帯を盗聴?中国報道官の返しが秀逸と話題に

配信日時:2018年10月26日(金) 6時50分
拡大
25日、「中国がトランプ米大統領の携帯電話を盗聴」との報道をめぐり、中国外交部の華春瑩報道官が見せた「返し」が中国版ツイッターで話題となっている。写真はトランプ大統領。

2018年10月25日、「中国がトランプ米大統領の携帯電話を盗聴」との報道をめぐり、中国外交部の華春瑩(ホア・チュンイン)報道官が見せた「返し」が中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で話題となっている。

北京青年報によると、注目の発言があったのはこの日の定例記者会見の場。ある記者から出た「米紙ニューヨーク・タイムズが24日、トランプ大統領が個人的に使っているアップル製携帯を中国とロシアの情報部門が盗聴していると報じた。同紙は米当局関係者の話として、『中国政府は盗聴内容を経済貿易摩擦への対応に利用したいと考えている』とも伝えたが…」との質問に対し、華報道官は「米国にはアカデミー脚本賞を目指して全力で競争する人がいるのだという感覚を覚える」と応じた。

さらに「もし良ければ、私から3つの意見を」と切り出し、「第1に、ニューヨーク・タイムズの類似の報道はフェイクニュースを作ったとの証拠を1つ増やすだけ。それを同紙は知るべきだ」「第2に、アップル製携帯の盗聴を心配するなら(中国の)華為(ファーウェイ)の携帯に変更してもよい」「第3に、絶対的安全という見地から一切の現代的通信設備を使わないこともできる」と述べた。

これに対し、中国のネットユーザーからは「見事!」「秀逸な返しだ」などのコメントが寄せられている。(翻訳・編集/野谷

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング