日本で人手不足が深刻化、2030年は644万人に拡大=中国ネットも警戒感「同じ道歩む」

配信日時:2018年10月27日(土) 6時0分
日本の人手不足、2030年は644万人に拡大=中国ネットも警戒感
画像ID  1036306
24日、日本では2030年に人手不足が一段と深刻化し、その数は全国で644万人と昨年の5倍余りになるという話題が、中国でも関心を集めている。写真は東京。
2018年10月24日、日本では2030年に人手不足が一段と深刻化し、その数は全国で644万人と昨年の5倍余りになるという話題が、中国でも関心を集めている。

中国メディアの海外網は、日本メディアの報道を引用し、パーソル総合研究所と中央大学の調査によると、日本では2020年に384万人、2030年には644万人の人手が不足すると伝えた。最も深刻なのはサービス業で400万人、次いで、医療・福祉の187万人だという。人手不足対策として、働く女性やシニア、外国人の労働力を増やすことや、AIなどの技術革新による生産性向上が挙げられているという。

この話題について、中国のネット上では「中国の60歳以上の高齢者が総人口に占める割合は2030年までに25%前後に達するという」との指摘を受け、「中国も同じ道を歩む可能性がある」「日本が直面する危機は中国への警告になっている」などの声が上がっていた。

また「ロボット時代の到来は目前に迫っているようだ」との反応も見られた。

一方で、「日本は本当に人手不足なのか。日本の商業施設の駐車場の出入り口には大体1~2人の誘導員がいて交通整理をしているが、それほど必要なこととは思えない」と自説を述べる人もいた。(翻訳・編集/柳川)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2018/10/27 07:42)

    1970年ごろの日本では『このまま人口が増え続ければ、住む場所も就職先もなくなる』と心配していた。あれからたった50年で反対の心配をしている。2030年のことはそのとき考えても遅くないだろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事