外食産業が活況、求職者は期待以上の賃金の北京に注目―中国

配信日時:2018年10月29日(月) 8時0分
外食産業が活況、求職者は期待以上の賃金の北京に注目―中国
画像ID  556397
「2018年第3四半期人材流動報告」によると、同期には北京市が外食産業で働きたい人にとって最も注目する都市になるとともに、8284元(約13万円)の平均月収で外食産業従事者の「成功を夢見る聖地」になったことがわかる。写真は中国のレストラン。
食を愛するグルメには相当のパワーがある。そのパワーは通りを忙しく行き来するデリバリーの配達員の姿から見て取れるだけでなく、外食消費が増加を続けていることや外食産業に参入する業界の人が多いことなどからも読み取れる。生活情報サイト・58同城の58英才招聘研究院がこのほど発表した「2018年第3四半期人材流動報告」によると、同期には北京市が外食産業で働きたい人にとって最も注目する都市になるとともに、8284元(約13万円)の平均月収で外食産業従事者の「成功を夢見る聖地」になったことがわかる。北京晨報が伝えた。

中秋節(旧暦8月15日、今年は9月24日)や国慶節(建国記念日、10月1日)の祝休日の影響や消費バージョンアップの流れによる後押しなどで、同期にはレストランとデリバリーの利用が増加し、外食産業は活況を呈した。大都市の外食産業は発達し大量の求人があることから、産業全体の人材流動を促した。同報告によると、北京は外食産業で働きたい人が最も注目する都市だという。

同報告のデータによると、同期の外食産業企業の都市別求人数上位10都市には上から順に、北京、広州、上海、杭州、深セン、合肥、成都、南京、長沙、重慶が並び、北京、上海、広州の一線都市が上位を独占した。大都市と沿海地域の都市だけでなく、合肥、成都、長沙、重慶といった中部・西部都市の求人も多く、「人材争奪戦」が始まって人材がこうした都市に流れ込むようになると、現地の外食産業はさらに旺盛になり、求人もさらに増加した。

賃金においては、外食産業の求職者が期待する賃金(月収ベース)は4000-7000元(約6万4000-11万2000円)で、北京の求職者は6586元(約10万5000円)と高く、以下、上海の6508元、杭州の6127元、深センの5857元、広州の5359元が続いた。グルメの情熱を受けて、北京では期待値以上の賃金が支払われている。企業が実際に支給する賃金の平均上位10都市においては、北京が8284元で首位に立ち、次が上海の8269元で、以下、杭州の8160元、広州の7883元、深センの7206元が続き、どの都市も実際の支給額が期待する金額を大幅に上回った。(提供/人民網日本語版・編集/KS)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事