「文政府は民意を無視」韓国でろうそくデモ2周年イベント開催へ=韓国ネットの反応は?

配信日時:2018年10月25日(木) 15時20分
「文政府は民意を無視」韓国でまた“ろうそくデモ”開始?
画像ID  1036056
24日、韓国・マネートゥデイはこのほど、今週末にろうそくデモ2周年の記念大会開催を準備する団体が「ろうそくで誕生した政府が、まともに民意を反映していない」と主張していると報じた。写真は韓国の大統領府。
2018年10月24日、韓国・マネートゥデイによると、今週末にろうそくデモ2周年の記念大会開催を準備する団体が「ろうそくにより誕生した政府が民意を反映できていない」と主張した。

記事によると、韓国の朴槿恵(パク・クネ)退陣2周年組織委員会がソウル市内の全国民主労働組合総連盟の建物で記者会見を開き、「国民はろうそくの民意を貫くための闘争を始めるべきだ」と述べた。組織委は現在、今月27日午後5時30分にソウルの光化門広場など全国各地で「ろうそく2周年記念大会」を準備しているという。

組織委は、「ろうそくの力」で誕生した文在寅(ムン・ジェイン)政権が民意を反映できず、国民を失望させていると主張。「慰安婦合意は依然として破棄されておらず、日韓軍事情報保護協定も続いている」とし、「銀産分離(…銀行資本と産業資本の分離)問題など規制緩和論理を受け入れた李明博(イ・ミョンバク)や朴槿恵政権と同じく『無駄に終わった親財閥(=財閥に優しい政策)』という声だけが飛び交っている」と話している。この他にも「非正規職問題、最低賃金問題、不動産問題など民生問題についても、政府が未熟な政策を展開したため混乱が大きくなった」と指摘したという。

なお、27日に開かれるろうそく2周年記念大会では、Me too運動などろうそくデモ以降に社会の各分野で変わった点を紹介する時間も設けられると記事では伝えている。バンドや合唱団の祝賀公演、ろうそくデモを扱ったドキュメンタリー映画も上映される予定。

これを受け、韓国のネットユーザーからは9000件を超えるコメントが寄せられている。「世論調査で文在寅大統領の支持率は60%なのに、なんでろうそくデモをするの?」「ろうそくデモは神聖な韓国国民のプライド。なんで全国民主労働組合総連盟の事務所でそんな話が出たのか分からない」「ろうそくが必要な状況だと判断したら、その時国民がろうそくを手にするだろう。文政府の政策の評価判断は国民が投票で決めるはずだ」「一般市民が集まってデモをするのであって、組織的に動くものではない。ろうそく革命の価値を下げないで」「文政府に対しては気に入らないことも多いけど、なんでろうそく持てって言われなきゃならないの?」との意見が目立ち、今回のろうそくデモはあまり歓迎されていないようだ。

また「全国民主労働組合総連盟の横暴も積弊対象じゃない?ろうそくデモで文政府と共に追いやろう」「ろうそくで誕生した政府の言行が脇道にそれてしまった時は、ろうそくではなくたいまつを持たなきゃなんじゃない?」などの声も上がっている。(翻訳・編集/松村)
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 5

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 夢の7***** | (2018/10/30 16:16)

    ロウソクデモが神聖だって。笑わすなよ。 まあ、ロウソクでも、たいまつでも、ガスコンロでも構わんが、国を焼き尽くすような派手な奴を頼む。 おまエラが選んだ能無し大統領が、おまエラの進む先を照らしてくれるだろうよ。崖っぷちがあるか、三途の川があるか知らんが、ついて行け。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 秀野荘***** | (2018/10/30 15:03)

    やっぱ火炎瓶でしょ!
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ナカち***** | (2018/10/27 20:23)

    民主主義という言葉があるが、これは民(字の意味は目の見えない人)主(主権であるが意味は崇高とか元首などの権力者)主義(考えや制度)と言う「民衆が元首などの主権者であるという主張」よりも単に民衆(衆は民などの大勢が集まった様子)主義と呼ぶのが正しいと思う。あえて主権と言うならば国を守る義務を果たす事である。 さらに国民を守るのは人権思想などのユートピア的な理想論ではなく、国家の権力でしか守ることはできないということで、決して「主権在民」ではない。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事