【動画】「齋藤飛鳥は俺の嫁!」=中国でも人気の乃木坂46、日本人監督が齋藤飛鳥の素顔に迫る

配信日時:2018年10月24日(水) 19時40分
中国でも人気の乃木坂46、日本人監督が齋藤飛鳥の素顔に迫る
画像ID  1036034
中国陝西省西安市で先月、中国でも人気がある乃木坂46がライブを行った。ライブに先駆け、同グループのセンターを務める人気メンバー齋藤飛鳥さんに中国在住の日本人ドキュメンタリー監督・竹内亮氏が取材を行った。
2018年10月24日、中国陝西省西安市で先月、中国でも人気がある乃木坂46がライブを行った。ライブに先駆け、同グループのセンターを務める人気メンバー齋藤飛鳥さんに中国在住の日本人ドキュメンタリー監督・竹内亮氏が取材を行った。竹内監督は自身のドキュメンタリー番組「私がここに住む理由」のスター編で齋藤さんをゲストに招き、西安の街を散策。当時の様子や齋藤さんについて語ってもらった。

その他の写真

記者:齋藤さんに出演を依頼した理由は何ですか?

竹内監督:正直、私は日本のアイドルに関して全く詳しくなく、AKB48と乃木坂46の区別もつかないぐらい無知でした。ある日、弊社社員の中に熱狂的な乃木坂46のファンがいて、12月に上海で単独ライブをやることを聞きました。さらに、弊社の他の社員と話してみると、他にも齋藤飛鳥さんの写真集を買った人がいるなど、何人も隠れファンがいることが分かりました。

そんな中で、9月末に乃木坂46が西安に来てライブをするという情報を掴みました。日本で今、最も人気のあるアイドルが初めて中国大陸に来て、どんな反応を示すのか、私も非常に興味があったので、取材交渉をしたところ、半日の単独取材許可をもらいました。

記者:印象に残ったエピソードは何ですか?

竹内監督:私はドキュメンタリーの監督になって15年以上、さまざまな人の物語を撮って来ましたが、「トップアイドル」は初めてでした。勝手なイメージで、「これは聞いてはダメ」「あれは聞いてはダメ」といった感じで、多くの制約があるのだろうと思っていました。

撮影中は、マネージャーの方がずっと付き添ってはいたのですが、ほとんど何も制限することはなく、我々の自由にやらせてくれました。唯一ダメだったのは「男性に関する質問」でしたが、これは想定内でしたので、問題ありませんでした(笑)。

そんな中、一つだけ困った事がありました。微博などのSNSにアップする写真は、私と齋藤飛鳥さんの2ショット写真は使わないで欲しい、と言われたのです。中国で私はドキュメンタリー監督として多少の知名度があるので、「竹内監督が齋藤飛鳥を撮った」という表現をして、配信前に宣伝をしようと思ったのですが、2ショット写真が使えないと言われ、困りました。

使えない理由は、2ショット写真をアップすると、私のことをよく知らないファンがその写真だけを見たとき、嫌な思いをするかもしれないという心配からでした。トップアイドルはいろいろな方面に気を使って本当に大変だなと、この件を通じて思い知らされました。最終的に、カメラ込みで私が齋藤飛鳥さんをインタビューしている写真(齋藤飛鳥さんは後ろ姿)の写真を使いました。

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事