韓国映画祭でまさかのハプニング!坂本龍一の代わりに“なぞの人物”が受賞トロフィー受け取る

配信日時:2018年10月23日(火) 16時10分
坂本龍一のトロフィーはどこへ?韓国映画祭で信じられないハプニング
画像ID  1035597
23日、韓国・スポーツソウルによると、韓国の「大鐘賞映画祭」で、受賞者と無関係の人物が代理授賞するハプニングが起きた。資料写真。
2018年10月23日、韓国・スポーツソウルによると、韓国の「大鐘賞映画祭」で、受賞者と無関係の人物が代理授賞するハプニングが起きた。

記事によると、ソウル市内で22日行われた同イベントで、映画「南漢山城」の音楽を担当した坂本龍一が音楽賞を受賞した。本人は欠席だったため、代わりに映画制作会社のキム代表が登壇することになっていたというが、どういう理由か舞台にはトロット歌手のハン・サランが登壇し、トロフィーを受け取ったという。ハン・サランは受賞後のあいさつで「おめでとうございます。(坂本さんは)多忙で来られなかったので、私が代わりに登壇しました。歌手で女優のハン・サランです。おめでとうございます」などと話したという。

その後、撮影賞を受賞して登壇したキム代表は「受賞式の進行に問題があるようだ。私は代理授賞のために出席していたが、関係ない人が受賞し、スムーズでなかった」と訴えたという。

同映画祭は昨年も、受賞者のあいさつの途中に「もうやめてくれ」「朝までかかりそう」「この子、誰?」などと不満を漏らす男性の声が流れるという「放送事故」で物議を醸していた。

韓国・日刊スポーツによると、大韓歌手協会はハン・サランについて「大韓歌手協会の会員ではない。誰だか分からない」と話している。またトロフィーの行方も分かっていないという。

これに、韓国のネットユーザーからは「誰?」「新手の泥棒では?」「これってコント?」「主催者側も知らない人が賞を持っていく?。これって実話?」「一番驚いているのはきっと坂本さん(笑)」など困惑の声が上がっている。

また主催者側に対し「一般人が登壇できるなんて準備がおろそか過ぎる」「こんなんならもう開催しないで」と批判する声や、「トロフィーは回収したよね?」と心配する声も。

その他、ハン・サランに対しても「自分をPRする作戦だったのだろうけど、残念ながら大鐘賞に対する国民の関心は薄い。まあいい思い出にはなったんじゃない?」「デビューが近いのだろうけど、これはやり過ぎ」などの声が寄せられている。(翻訳・編集/堂本
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事